家族はつらいよの作品情報・感想・評価

家族はつらいよ2016年製作の映画)

上映日:2016年03月12日

製作国:

上映時間:108分

3.5

あらすじ

「家族はつらいよ」に投稿された感想・評価

お父さん(橋爪功)みたいな、歯に衣を着せないタイプは世の中には実在し、そう言う人は寂しがりが多いと思っているので、そう言うタイプの人への対応が上手く描かれていた。愛犬トト(ジャックラッセル)が可愛い😍からプラス評価。
自分自身が長男の嫁で同居なもので平田家に感情移入してしまう。わかる~わかる~。平田家に訪れる悲劇、喜劇好き。
熟年離婚を巡る騒動が愉快に描かれており楽しい。なんともいえないキャスト全員好き。楽しませてもらいました!
三世帯の大家族に訪れた熟年離婚の危機。一人暮らしを長くしていると、こういう家族の物語に憧れを持ったりするが、各々の悩みがなんともリアル。
煙たがられる新旧サラリーマンとそのサラリーマンのわがままを我慢する新旧嫁。さらに、すぐ騒いじゃう妻とその妻に食べさせてもらってる甲斐性なしの夫。そして、家族の間を取り持ってきたけど、好きな人と結婚するため家を離れる決意をする息子など、様々な人間の群像劇が楽しめる。
橋爪功演じるおじいさんは典型的な亭主関白で、あまりにもおばあちゃんが不憫だから、自分だったら離婚を止めないなとも思ってしまった。一人暮らしの孤独も辛いけど、大家族独特の我慢の方がもっと辛そう。それでも、最後には家族の温かさや大切さが伝わってくる物語だった。
th

thの感想・評価

3.0
まあまあ。
yuki

yukiの感想・評価

2.6
現代の舞台に、昔のセリフと間。

不思議だなぁ、これが山田洋次かぁと思いつつ、見た映画。

ピアノの調律をする、銀縁の丸メガネの妻夫木くんが、とてもかっこいい。

ほして、エンドロールの雨の日に、寝室で布団かけてあげるのが、よかった。

しょうがないな、愛しいなって、いつものお家で布団をかけてあげる。

それが家族で夫婦ってことなのだとしたら、いい解釈だなと思った。

音楽が久石譲というのが、とてもよい。
hase46

hase46の感想・評価

3.3
長年連れ添った父親たちが離婚の危機。

時代設定は現代ながら、今ではちょっと懐かしいような雰囲気。3世代が一緒に住む家も現代ではなかなかないのではないでしょうか。

とにかくおじいちゃんが横暴で家族を振り回す。自分がここの嫁だったら一緒に住むの嫌だなって絶対思っちゃいます。
でもやっぱりこうやって家族で何かを話し合ったりできる環境にあるのこそ幸せなのかななんて思ってしまう。

おじいちゃんも言われたことは分かっているけど、それをなかなか表現できない不器用な人なんだなと最後は微笑ましくなる。

2019.8.8.133本目
ところどころ笑える。
なんだかんだこういう昔ながらの家族っていいよね。
帽子男

帽子男の感想・評価

4.0
登場人物 全員
憎めない 特に
妻夫木聡さん
蒼井優さん
カップルが良い
喧嘩して 揉めてても
何故か 微笑ましい

そんな映画でした

終わり
>|