ボヤージュ・オブ・タイムの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ボヤージュ・オブ・タイム2016年製作の映画)

Voyage of Time

上映日:2017年03月10日

製作国:

上映時間:90分

3.2

あらすじ

『天国の日々』、『シン・レッド・ライン』、『ツリー・オブ・ライフ』など発表する作品は常に高い評価を受け世間を賑わしてきた<映画界の偉才>テレンス・マリック監督が、40年のライフワークを集大成して世に送り出す渾身作。製作にはブラッド・ピットが名乗りを上げ、語りはアカデミー賞女優ケイト・ブランシェットが務める。かつてない映像世界に飛び込み、本能で<生命>を体感する90分。

「ボヤージュ・オブ・タイム」に投稿された感想・評価

Yu

Yuの感想・評価

-
繰り返される「Mother」ということば。
皆の母はひとつなのに、こんなにも多様な分岐を遂げた生命たちは奇跡としか言いようがないもの。
食物連鎖以外の枠組みで闘うことは、人間独特のものと言っても良いのだろう。原始の時代まで遡っても、人は闘うことを選んでしまっていた。

なんて考えることも出来たし、純粋に映像の美しさを楽しめる作品でもある。ぼーっと美味しい飲み物でも飲みながら眺めていたくなる。
Marin

Marinの感想・評価

4.5
何度も繰り返される
Mother...
という語りかけは
EarthかUniverseか
それともTimeに向けられているのか、、、
どれも違うかもしれないし、全部そうかもしれないし
yukari

yukariの感想・評価

3.5
ツリー・オブ・ライフを観てからテレンス・マリック作品に衝撃を受けてから興味を持ち、それから上映作品はだいたい映画館に足を運んでいるけれど、今作品はタイミングが合わずDVDでの鑑賞。


哲学的な事は理解が難しいけれど、生命の誕生と進化、未来や宇宙へと、スケールがハンパなく壮大で、映像美が素晴らしい!
まるで、ナショナルジオグラフィックを見ているよう。


あー、映画館で観ればよかったと後悔。
クラゲの漂うシーンや大きな滝がキレイで印象に残る
みーる

みーるの感想・評価

3.0
ストーリー云々は全くないけど、美しいの一言。
大きなスクリーンで観たかった。
母なる大地、母なる星という言葉の意味がよく分かるなぁと。
ケイト・ブランシェットの包み込むようなナレーションも良かった。
えーこ

えーこの感想・評価

3.0
「世の中は 何にたとえん 水鳥の嘴(はし)振る露に 宿る月影」
本編の前に、公開国ごとにテレンス自らが選んだという"本作の入口となる言葉"が挿入されている。
日本にはこの道元禅師の和歌、
"この世は儚く無常の世界"と詠っている。

『ツリー・オブ・ライフ』の冒頭部分を映画にしたような、、
テレンス・マリック版『シーズンズ 2万年の地球旅行』 て感じ??
ビッグバンから宇宙が始まり、
地球の誕生、生命の誕生、
時空を超えて描かれる森羅万象。
教会音楽?やクラシックをBGMに、
ケイト・ブランシェットのナレーションが眠気を誘うzzz…

私たちの旅は子宮の中から始まる。
まるで羊水に漂いながら見ている夢のような神秘の世界。
卵の中、ヒナの視点から殻を破り、
天高くそびえる木々を見上げ、
自然の荘厳さに畏怖する。

神より与えられし生命の尊さと儚さ。
それは必ずしも美しい存在ばかりではない。
主よ、あなたはなぜ私たちをおつくりになったのですか。
"おお生命よ、おお母よ"
これは母なる大地、すべての母なるものへの讃歌(…かな?)
TAKEZOH

TAKEZOHの感想・評価

3.5
小さな生物の中の繰り広げられる宇宙のような小さな胎動と、
大自然の緩やかでありながらダイナミックな意志があるかのようなエネルギーの躍動は、
地球からの恩恵を受け、そして地球に還すという円環と生物の進化の過程は
人間は人間が創ったものを食い散らかし、人の営みとはその広大な地球の片隅で住まわせてもらっているにすぎないことを思い知らしてくれる作品だった!!?
Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

2.0
・17/03/23:TOHOシネマズシャンテ 吹替版【初鑑賞】
taka

takaの感想・評価

3.8
地球の大自然と宇宙のヴィジュアルを撮りたい人はこれさえ観ておけば良いぐらいに全カット額縁に入れて飾りたくなる画がこれでもかと押し寄せてくる圧巻の90分。終盤の原始人の生活からドバイの高層ビル群にジャンプカットした瞬間は2001年宇宙の旅の序盤を彷彿とさせられた。
ブラッド・ピット主演のツリー・オブ・ライフを観た時は絵画的で映像は綺麗だけど、ストーリーが詩的過ぎて意味不明だった。今作はナショナルジオグラフィック的なドキュメンタリーだったので眠くならずに最後まで見れた。
みおわったあと、なんだか不思議な余韻のある映画。

ぼーっとしたくなる。

テレビという小さい縁の中から、壮大な宇宙を感じました。

映像が美しかったなぁ。

そして原始人、とても原始人だった。
Cocoa

Cocoaの感想・評価

3.0
Beautiful but...(( _ _ ))..zzzZZ