ボヤージュ・オブ・タイムの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ボヤージュ・オブ・タイム2016年製作の映画)

Voyage of Time

上映日:2017年03月10日

製作国:

上映時間:90分

3.2

あらすじ

『天国の日々』、『シン・レッド・ライン』、『ツリー・オブ・ライフ』など発表する作品は常に高い評価を受け世間を賑わしてきた<映画界の偉才>テレンス・マリック監督が、40年のライフワークを集大成して世に送り出す渾身作。製作にはブラッド・ピットが名乗りを上げ、語りはアカデミー賞女優ケイト・ブランシェットが務める。かつてない映像世界に飛び込み、本能で<生命>を体感する90分。

「ボヤージュ・オブ・タイム」に投稿された感想・評価

pachi

pachiの感想・評価

2.1
結構期待してたのに残念。
海の映像はきれいでワクワクするが、宇宙?生命誕生?のくだりの時はきれいだけど何かわからず。個人的には説明やナレーションあった方が理解もできてワクワクする。が、本作のありきのナレーションはスピリチュアル的というかなんというか。もうええわ、ってなる。ケイト・ブランシェットを起用してるとの事だが、落ち着いた美しい声に眠くなる笑
そして何より残念なのが、恐竜と原始人のくだり。
これで、なんだかんだ全てリアルを撮影してて凄いなー、って思いも崩壊。
救いようのない軸のない作品でした。
hakuri

hakuriの感想・評価

3.6
テーマからしてストーリーをつけにくいので各自想像して楽しむ映画だと思う。わりともう一回観たい。
324

324の感想・評価

3.0
『ツリー・オブ・ライフ』のあの部分だけを抽出したような眠気。ケイト・ブランシェットの創造主へ思いを馳せた語りを笑うことでしか楽しめなかった。
これは大画面で観ることに意義があるのでは。
世界のいろいろな美しい生命が延々と流れます。
イメージ映像的に流すのもいいと思うけど、うちの小さなTV画面だとイマイチだったな
twinkle

twinkleの感想・評価

2.5
このタイプの映画って初めて観たので何と感想を書こうか悩みます…

Blu-rayならもっと映像が綺麗だったんだろうけど普通のDVDだったのでいまいちだった

火山や海のシーンなどは映画館のスクリーンで観た方が迫力があっただろうに…しかしわざわざ映画館に行くほどの作品でもないような…

家で観るなら大きなテレビ画面でBlu-rayをおすすめします
お酒を片手にボーっと癒されるのにはいいと思います

あと電機屋さんのテレビ売り場で流すといいですピッタリ
Boro

Boroの感想・評価

3.0
生命と地球の偉大さ。

映画として見るとアレだけど、
映像作品、芸術の類として鑑賞すれば難無し。

スコアは映画としてです。
想像していたのと違った。海底火山や海の生き物の映像は良かった。CGや再現ビデオ?的なものはいらない。恐竜や原始人が出て来て、がっかり。
90分がすごく長く感じた。
わからなかったです。
どんなに綺麗な映像が使われていても退屈に感じてしまうことはあるんだなと学びました。
McQ

McQの感想・評価

2.0
テレンスマリック監督作品。
圧倒的映像美を体験出来る作品。

前振り長いなーと思いながら、10分、20分と時間が過ぎていきます。
この時点で興味を持てなかった方は、そこでやめちゃってもいいかと思います、、なぜならこのままのノリで最後まで延々と映像が続くからです(ToT)

母(創造主?)に向けた抽象的な語り(というより愚痴)と、あらゆる生命の誕生、滅亡、争い、貧困などを象徴する映像が淡々と流れていきます。

ちょっと説明クサい映像がちょいちょい入りますが、映像としては本当に美しく圧倒されますし、生物のチョイスとその写し方がとても面白いと思います。

これは眠れない夜に流したり、仕事をしながら流したりに使えるかもしれません>_<
KIHO

KIHOの感想・評価

2.0
幻想的な音楽と「母よ、、、」という哲学的で抽象的な語りに乗せて、地球の映像美を次々に映していく「ボヤージュオブタイム」!

この映画が何の映画なのか?、、、はさっぱりわかりません。何だか宗教団体の啓発ビデオを見ているような感じさえします。ただ、地球の様々な風景や、CGで作られた宇宙、生命のエネルギーほとばしる姿などなどの映像美は美しく見入ってしまいます。

「おお!なんかよくわからないけど、幻想的で美しいぞ!」

と何も考えずに楽しめる人には受けるかもしれませんが、地球や宇宙の映像美を楽しむなら、生命エネルギー溢れる映像をもっと見たかった、人類に向けた啓発の映像作品なのだとしたら、もっと強いメッセージが必要だった、「2001年宇宙の旅」のような独創的な世界観にするにはセンスが足りなかった、、、。どれを取っても中途半端感は否めません。