タカシ

セッションのタカシのレビュー・感想・評価

セッション(2014年製作の映画)
4.7
最初は、「エースをねらえ!」の岡ひろみと宗方仁みたいな事を想像してたんですよ。
一つの才能を全力をかけて見出だす的な、ね。
そしたら、だんだん雲行きが怪しくなって来て、ああこりゃ全然違うじゃないかと。
でも終わってみたらこれは結局「エースをねらえ!」だったんじゃないかという。
ただこの宗方コーチは純粋にジャズだけを愛する、行き過ぎた善人ではないというのが味噌ですよね。(要らん嘘ついて太った人追い出してるし)

ジャズってもっとフリーなものかと思ってましたが、やっぱり突き詰めると、楽譜に忠実にやらないとダメなんですね。

これから、「町山×菊地」論争を確認します。
セルBlu-rayにて。15.11.26