Masato

セッションのMasatoのレビュー・感想・評価

セッション(2014年製作の映画)
4.0
よくあるミュージシャン映画とは違う視点で作られてますが、主人公のストイックさゆえの葛藤、ジレンマ、そしてラストシーンの緊張感も素晴らしく見応えある映画でした

ただ主人公にとって、音楽やドラムが現状から這い出るための手段としか感じられないのが残念で、もう少し音楽への憧れや愛情が垣間見えてほしかったかな

話は変わりますが、
菊地成孔の批判文を読んだんですが、アレはヒドイですね。。
長文でそれらしい事をツラツラと書かれてますが、幼稚な意見だなぁと

映画のリアリティはリアル(現実)と違うでしょうに、ドキュメンタリーか何かと感違いしてるんでしょうかね

まぁ自分は一ジャズファンですが、この人の音楽には欠片も魅力を感じないし興味ないのでどうでもイイですけどね
それに、この人に乗っかってこの映画を批判する人がいるとしたら、そもそも映画ファンでもないでしょうし