オルビス

セッションのオルビスのレビュー・感想・評価

セッション(2014年製作の映画)
3.8
終始緊張感漂っていて、全く笑える要素がない…。
生徒を自殺に追い込むほどのスパルタ指導、共感できないけれどフレンチャーの言うようにgood jobでは次の偉大な音楽家が出てこないという話には説得力があります。
そんな彼の指導に応えられてこそ天才と呼ばれる資格があるのかなぁとも思いました。

それに応えたニック。
彼は大人しそうな外見に似合わず、強烈な野心を抱えてフレンチャーの指導に喰いついてきます。

ラストは圧巻。
あのフレンチャーがほんの少し見せる満足したような表情が全てを物語っていると思います。
非常に力強い作品。