きゃん

セッションのきゃんのレビュー・感想・評価

セッション(2014年製作の映画)
4.2
アンコール上映の大音量上映で鑑賞。映画館で観たかった作品なので観れて良かった。ラストのドラムシーンの迫力が想像以上だった。

名門音大に入学した野心あふれるドラマーと天才を生み出すことに取憑かれた伝説の鬼教師が繰り広げる狂気のレッスンを描く。恐怖のレッスン、緊迫した練習の雰囲気。途切れることのない緊張感で観た後はどっと疲れた。

名門音大に入学した主人公のニーマンは、伝説の鬼教師フレッチャーのバンドにスカウトされる。このバンドで成功すれば偉大な音楽家になるという夢はかなったも同然と言われる。しかし、待ち受けていたのは狂気のレッスン。罵声を浴びせられ、レベルの高い要求にニーマンの精神は追い詰められていく・・・

ニーマンが手から血を流しながら、フラフラになりながらもひたすら練習、演奏に打ち込む様子は、目を背けたくなるほどすさまじい光景。思わず手を握り締めて力が入る。教師の狂い具合もひどいが、潰されそうになりながらも這い上がっていくのを繰り返すニーマンも変人。メンタルの強さが異常。2人の壮絶な激突にはただただ興奮。とにかく鬼教師フレッチャー役のJ.K.シモンズの鬼気迫る演技が素晴らしいですね。

ラスト10分間は圧巻。緊張感に鳥肌が立ちっぱなし。しばらく立ち上がれなかった。
挫折と恨みの向こう側に尊敬できるものがあると感じた。