あまのかぐや

セッションのあまのかぐやのレビュー・感想・評価

セッション(2014年製作の映画)
4.5
これは・・・!!! 観賞後、手に汗をびっしょりかいていました。 隣で見ていた連れも出て第一声がそれでした。 ちょっと簡単には感想書けないなぁ。 たぶん音楽やジャズに詳しい方がみると「???」ってなると思うんですね。 不条理劇に近いものがある。 JKシモンズ演じるフレッチャーも、感情移入できないし、 マイルス・テラーの演じる生徒のほうも、応援したくなるような単純な努力と根性キャラではないし。 緊張感が臨界点超えると笑いだしたくなることもしばしば。 (ごっつええ感じの「キャシー松本」を前にした篠原涼子を思い出した) 文字通り、畳み掛けるように終わりのないどちらも食われまいとする戦いでした。 この邦題はすごくいい! あ、それからGleeのメリッサブノアと再会 この子可愛い過ぎて、負け犬感なくてgleeでは完全に浮きまくっていたんだけど、 こういう普通のかわい子ちゃん役はばっちりハマるね。うん。