横須賀アット

セッションの横須賀アットのレビュー・感想・評価

セッション(2014年製作の映画)
4.0
主人公のニーマンにとって、音楽とは成り上がる為の武器でしかなかった。
誰かに認められるため、地位を築くため、その為の武器が彼にとっての音楽なのである。
有名になるには自分が尊敬する人の音楽を聴き、生き方を真似ていく。だって、彼はそうやって有名になったのだから。だからこそ、自分を認めないフレッチャーに牙を向く。

鬼教官であるフレッチャーも結局は有名に成れなかった音楽家の一人である。激しく罵倒する姿は愛の証ではなく、憂さ晴らしでしかない。そして、そんな自分をはね除けて成長する弟子を勝手に自分の成果であると自負するだけでしかなかった。

音楽を武器としか思っていない男と、成し得なかった名誉にすがる男。
音楽を愛する事を忘れた二人が、本当の音楽の楽しさに触れる物語である。