ロールシャッハル

セッションのロールシャッハルのレビュー・感想・評価

セッション(2014年製作の映画)
4.0
ジャズはこの映画の道具であって、良い音楽を聴くとか主人公が上手くなるとか、そんな爽やかな作品ではない。
結局ニーマンが演奏するジャズは、
ウィップラッシュとキャラバンのみ。

ニーマンとフレッチャーの勝負。
悪魔(フレッチャー)との取引でニーマンの得るものとは。
フレッチャーに笑いを見せたら、負けだ!
そこまでやらなくていいでしょ…と何回も何回も感じたけど、
いつの間にか、ニーマンに感情移入してしまって、もっとくれ!もっとくれ!状態に笑

そして、最後のフレッチャーの目元と何か言ってるラストシーンで
おそらく、『Good Job!』と言ってるんじゃないかと。なんとも憎いヤツめ…
それも映画の中でこの言葉の意味する事が何なのか、ぜひ見てほしい。

これは、ドラマーを挫折したデイミアン・チャゼル監督自身のトラウマであり、実際にいた指導者への復讐の作品である。
インタビューで言っていたが、今でもフラッシュバックするらしい。
車を横転させた経験があり、近所の人に絆創膏をもらってドラムを叩いたという。
実際の経験だからこそ、粗削りで生々しい作品なのだと思った。