nam

セッションのnamのレビュー・感想・評価

セッション(2014年製作の映画)
4.0
「偉大な高みを目指すために結ぶ悪魔との契約」

題材はジャズドラムでの師弟の関係を描いてましたがテーマとしては、シゴキや体育会系な抑圧的な指導などスポーツや芸術でも共通しそうなものでした。
第3者から観たらパワハラだとも言われそうな常軌を逸した指導とそれを乗り越え成長していくアンドリュー。

たしかに中途半端じゃ"トップ"や"偉大な"と言われるステージには行けないよなぁと思って観てました。

実際に監督が高校時代にドラマーを目指していたが本当に鬼教官に出会い断念したという過去のトラウマを元にスリラー映画として作ろうとしていたようですが、結末としは"何かを成し遂げるためには大きな犠牲が伴う"というチャゼル監督の別の作品にも通じるテーマにもなってます。

あとは本作の評価ぎ上がる要因にはラストの演奏シーンの役割は大きいかと、やっぱり凄い!って思ってしまいますからねー

2人の壮絶な演技もやはり素晴らしい。

しばらく劇中のセリフの「◯ッキン テンポ!」が頭から離れなかったです!