セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿された感想・評価

Ryoko

Ryokoの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

アンドリューもフレッチャーも相当イかれてる(笑)
その道を極めるのは並大抵のことじゃないってことなのね。

フレッチャーの罵声の数々には、そこまで言ってしまうかと思ったりアンドリューが事故にあって頭から血が出ているのにコンサートへ向かうのにはオイオイと止めたくなったり…

えええ!?と思うようなシーンが何度もあったが、やっぱり最後のコンサートシーンが一番印象的。演奏直前のフレッチャーの言葉には目を丸くし、それでも食らいつき色んな気持ちを正面からぶつけてきたアンドリューからも目が離せなかった。

圧巻の一言に尽きる…。
途中寝てて、ラストシーンで飛び起きた
sao

saoの感想・評価

3.0
狂気。ニーマンの元って努力なのか怒りなのか、それすらもわたしの頭が追いつかなかった。
くー

くーの感想・評価

3.9
ひたすらセッション。
しま

しまの感想・評価

4.8
ストーリーも人物像も、もちろん演奏や映像も引き込まれっぱなしで、観終わった後のあの興奮が尾を引く感じは、生で音楽を体感した後の気持ちに似てました。
(たまに映画を観終わった後の気分になれる演奏もありますよね!どちらも最高な気分です。)


ラストシーンは皆さんおっしゃる通り最高すぎてリズムにのって首が止まりませんでした。お恥ずかしい。

とかいってますけど、私が一番大好きになったのは、お父さんがニーマンの演奏する姿を見(観?)ているシーンです!あの表情!!
狂気と隣合わせ。
キチガイw
終始力んでたし、最後の反逆は鳥肌ものだった。
食パン

食パンの感想・評価

4.6
鳥肌ムービーだった。
ラスト9分間は2年分の鳥肌がたったし、全編通して45回くらい叫びたい位だった。こんなに面白い映画観たのいつぶりだろう。狂気の映画だ。

吹替界で、上手い人はいくらでもいるが、本当の芝居ができるのは壤晴彦さんしかいないんじゃないか、と思う程いつも素晴らしい。やはり上手い俳優の芝居を理解して再現するには、己が上手い俳優でなくてはならないな。

マイケル・キートンにせよJ・K・シモンズにせよ、ベテランの逆襲が嬉しいハリウッドだ。やはりアメリカは、若手でも大体は舞台上がりでメソッドを叩き込まれてるという強みがあるよなあ。その点、日本は絶望的だ。

自分をニーマンと重ねてしまい、フレッチャーは自分の才能と気魄に大物になり得るものを見込んで、自分だけ特に厳しく指導しているのではないか等と考えて、観ている僕ですらフレッチャーの一挙手一投足に愛を求めようとしていた。ジャズバーで出会うシーンはとても感動的で、やっぱりフレッチャーは僕を育てる気でいるんだ!と早とちりしてしまった。脚本の説得力凄し。

脚本もさることながら、展開の運びの巧さ、演出力、シモンズのジャケットの脱ぎ方のスマートさが半端なかった。wikiの端的な批評が全てを物語ってる。なぜ僕はラ・ラ・ランドを劇場に観に行かなかったんだろう。
人間の怖さを教えてくれる映画。
ラストはなかなかだった
>|