セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿された感想・評価

Ryoko

Ryokoの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

アンドリューもフレッチャーも相当イかれてる(笑)
その道を極めるのは並大抵のことじゃないってことなのね。

フレッチャーの罵声の数々には、そこまで言ってしまうかと思ったりアンドリューが事故にあって頭から血が出ているのにコンサートへ向かうのにはオイオイと止めたくなったり…

えええ!?と思うようなシーンが何度もあったが、やっぱり最後のコンサートシーンが一番印象的。演奏直前のフレッチャーの言葉には目を丸くし、それでも食らいつき色んな気持ちを正面からぶつけてきたアンドリューからも目が離せなかった。

圧巻の一言に尽きる…。
主役二人の演技が凄まじかった。最後の演奏シーンは鳥肌立った
Suu

Suuの感想・評価

3.8
日本語版と英語版を1回ずつ見た。
自分自身、体育会系で根性論バリバリだったし、仕事も少し近しいところがあるので我が事として観れた気がする。

この映画はただの間違った教育論を示すだけではなく、哲学や芸術の話がメインだと感じた。
狂気でしか届かないところは多分あって、そこに到達できるかどうかでしか評価されない。自分もできない。そういう価値観にいるとき、自分自身を追い込むことは一つの答え、手段になると思う。もちろん、危険な手段なんだけど。

ただ、そこに至れれば、そこまでの理不尽な状況を肯定できるくらいに報われる。それは何となく良く分かる気がする。
心の内が熱くなるような映画。ここまで狂気じみて打ち込む姿が圧巻すぎる
ひろ

ひろの感想・評価

4.5
何なんでしょ。前知識なしで見ましたがこの引き込まれる感じ。
ラストは大団円なのかどうかは分からないし、告白した相手女性との関係、父親との関係も最後までは描写してくれませんが、狂気に満ちた指揮者との一瞬の共鳴がみれただけで、なぜだかスッキリしてしまう不思議な爽快感。恐らく映像と音で納得させられてるのでしょう。
私はかなり好きです。少なくとも最後のシーンはあと何回かは見ることになるでしょう。
yo1ro

yo1roの感想・評価

4.5
最狂の音楽バカ
音と感情のぶつかり合い

その先に最高のラストが
実は中学の頃部活の指導がしんどくて(自分はキャプテンだったのでなおさら)軽い鬱病でして、その頃のfuckin体罰教員をこの世で一番憎んでいながらも今までで一番好きな教員だったってこともあり。
自分の人生と照らし合わせられるという意味でもこのスコアです。
えりな

えりなの感想・評価

3.8
これぞ映画!言葉では表現できないような感情と勢いがものすごい。
見入ってしまうけれど息を吸うタイミングがわからなくなる程の圧迫感があり、観るにはかなりのエネルギーを使う。
Ryota

Ryotaの感想・評価

4.0
とんでもない映画。
怒りという原動力を強く感じた。
名優たちの演技の迫力に圧倒される2時間
一言で感想を述べるのであれば、痛快。スパルタ教員フレッチャーに、狂気的ともいえるドラムの指導を受けたアンドリューは、次第にドラムに対する異様な執着を見せ始め、果ては交通事故を起こすまでに。ここまではまだ予想できたが、その後の展開は、全く想像もつかず、フェスのシーンでは思わず「くそ野郎」と呟いてしまうようなフレッチャーの鬼畜ぶりに驚かされた。そこからがこの映画の最高の山場。フレッチャーとアンドリューの「音」による一対一の殴り合い、そうしてあの笑みがこぼれた一瞬、鳥肌が止まらなかった。主演二人の演技無くしてこの映画は成り立たない。こんなに短く感じた106分が今まであっただろうか。何度でも観ようと思える作品。
>|