セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿された感想・評価

Ryoko

Ryokoの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

アンドリューもフレッチャーも相当イかれてる(笑)
その道を極めるのは並大抵のことじゃないってことなのね。

フレッチャーの罵声の数々には、そこまで言ってしまうかと思ったりアンドリューが事故にあって頭から血が出ているのにコンサートへ向かうのにはオイオイと止めたくなったり…

えええ!?と思うようなシーンが何度もあったが、やっぱり最後のコンサートシーンが一番印象的。演奏直前のフレッチャーの言葉には目を丸くし、それでも食らいつき色んな気持ちを正面からぶつけてきたアンドリューからも目が離せなかった。

圧巻の一言に尽きる…。
かずー

かずーの感想・評価

3.8
鬼教官鬼教官と噂ばかり肥大していたのか、思ったよりいそうじゃん!って感じでした。嫌なやつには間違いないが!
音楽をすることの厳しさ、そして子弟のエゴ、とかそんなものを伝えたいものではないことだけはわかるwwww終始自分のとなりにいる男の子が責められ続けているような気まずさと緊迫感……
いやー、、、
なんなんこの映画。
もっていかれる…
shingo

shingoの感想・評価

4.0
"Good Job"
ほのか

ほのかの感想・評価

3.5
どうしたらこんな怪物が生まれるのか、こわ
果たしてこれは熱い話なのか。
これを美談にしてはいけないだろって感じの作品。
主人公のプライドの高さの見せ方があからさま過ぎる気がしたし、ニコルもそのプライドの高さを見せるためだけの道具のような扱いで必要性がよくわからなかった。あの話の流れにラブ要素いらないでしょ。
最後の『キャラバン』で初めて成立した音楽を作中で鳴らす演出はすごく良かった。そこと鬼気迫る雰囲気だけで押し切った感が否めない。
友人に勧められててやっと見ることが出来た今作。
偉大な人物になるには血のにじむ様な努力や挫折を味わわなければ叶うことが出来ず、それを実現させようとする鬼教師のフレッチャーと教え子のアンドリューとの体育会系なやり取りは同じ体育会として共感出来る部分があった!笑
ラストのアンドリューの才能の開花と、アンドリューが今までやってきた指導に答えてくれたフレッチャーの高まりと嬉しさが爆発していきこっちまで上がってっていく目が離せないラストシーンだった!
終わり方めっちゃカッコよすぎ笑
Tommy

Tommyの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

音楽大学に入学後、サイコパス教師の元で演奏する内に変わっていく主人公の話。

ラストシーンは圧巻

全てアンドリューのためだったんだなと

先生も狂気じみてたけど終盤になるにつれて主人公も狂気じみていく感じが良かった

あれだけ打ち込めるものを見つけたい
>|