セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

3.0
この世で一番カッコイイ遅刻を観た
Unco丸

Unco丸の感想・評価

2.5
最後のセッションは悪くないけど生で見てるわけじゃないし、一歩引いちゃったよ。
Sei

Seiの感想・評価

3.7
記録
くら

くらの感想・評価

4.5
最後のシーンに全てが集約されている。一芸を極めるのは並大抵でないけど、憧れを感じる。最後のコンサートのフレッチャーはどういう意図があったのかは真の意味は分からなかったがラストシーンで持ってかれた。
kou

kouの感想・評価

4.3
作品そのものの力強さが伝わってくる映画
ゆとり

ゆとりの感想・評価

3.5
主人公が音楽とドラムに取り憑かれる狂気。

一つの物事に命をかけるとか没頭するってこういうことなのかも。
期待してたよりは、ってかんじだったけど、演奏とか演技のリアル感は圧巻。もう一度みたいかも。
天

天の感想・評価

5.0
並大抵の映画ではとうてい太刀打ちできないとんでもない熱量と迫力で、終始進んでいく。役者と監督と奏者の魂がこもった傑作。

ジャズというと、本作でも大学を退職後のフレッチャーがジャズバーで弾いていたり、JVCでニーマンを陥れたあとに演奏しようとしたような静かで落ち着いた音楽という印象があった。それを否定せんとする、ジャズバーでのフレッチャーの表情や、曲目を遮るように始めた独奏。
監督の熱い思いがひしひしと伝わって来た。

役者もそれに呼応するような、半ば狂気的なまでの迫真の演技だった。本来、音楽を調和させるための指揮者とリズムパートの戦いは心から興奮した。
ラストシーンは勿論、主奏者を決めるシーンも比喩表現でなく「魂が震える」熱いシーンだった。

自分も表現者としての情熱が奮い立った。是非とも映画館でこの熱量に魂まで焼き尽くされたかった。
ひらい

ひらいの感想・評価

5.0
記録◎もう一回ちゃんとみたい
>|