セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿された感想・評価

AiSaito

AiSaitoの感想・評価

4.0
やばいやばいと噂で聞いていましたが、本当にやばかったです。
何がやばいかと言うと、ひとつの事を極める人というのはどんな人でも想像を絶するような練習量だったり執着心を持っていてそれしか見てないんだなと痛感しました。

主人公アンドリューのドラムへ対する愛なのか狂気なのかわからないほどの執着心は見ていて呼吸を忘れる程でした。

現代ではこんなスパルタ教育なんて色々と問題になるかもしれませんが映画だからこその良い刺激をかなり受けました。
Saki

Sakiの感想・評価

4.0
狂気。狂気。狂気すぎる映画。
ほんまにみんな言うようにとんでもないって感じやった
最後はずっとずっと泣いてたやばい
クソ野郎やけど最高なラスト
雪山

雪山の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ラストシーンのフィチャーとニーマンが目を合わせるシーンにカタルシスを覚えた
希望から絶望に陥れるフィチャーの復讐を乗り越え、指揮者を食い殺さんとばかりに、主導権を奪い、演奏するニーマン
自らの復讐のために呼んだニーマンが、勝手な演奏をしているという状況にもかかわらず、情熱溢れる演奏に次第にのめり込んでいくフィチャー
いがみ合う状況の中で、ただ演奏のために息を合わせるこのシーンは本当に堪らない
iamrika

iamrikaの感想・評価

4.0
こんなに張りつめたシーンばかりの映画…2人のセッション、圧巻でした。(楽器上手すぎ)
たしかに言葉は暴力的だけど、自分の生活領域にはないプロフェッショナル意識、熱さ、真剣さ、強さ、全てがかっこよかった。
気が緩んでいる現代社会に刺さる理由が少しわかったような気がする。
【魂のぶつかり合い】

ようやく見れた!(笑) この作品見るためには凄い根気というか身構えた状態で見ないとダメだと思っていたから、ずっと機会を逃していた(笑)

ジャズはやっぱりいいね。結局どのジャンルの音楽を通っても最終行き着く先はジャズだと思っているから、この作品は見てていろんな意味でドキドキした

J.K.シモンズはめちゃくちゃかっこよかったけど、本当に狂気だし、どんだけファックを言うんだって(笑)でもそこには確かな信念や譲れないものがあって妥協を許さない真摯な姿勢故なんだろうと思うと、ああやっぱりかっこいいってなった(笑)

ラストの演奏シーンはほんと魂のぶつけ合いって感じで、見入ってしまい、口も開いたまんまで手には汗をかいていた。あのシーンを劇場の大画面、いい音響で聴けなかったことが本当に悔やまれる、、、

あそこまで何かに打ち込めることを人生のなかで見つけられるって幸せなことだよな~って思いつつ、自分はそこまでストイックになれないから、やっぱり音楽は楽しんでやるのが一番だわ(笑)

このレビューはネタバレを含みます

以下ラストがヤバいという情報しか知らずに観た女の心情です

序盤
主人公イモい。彼女かわいい。怖そうな先生も思ったより怖くない?生徒と教師の熱血ハートフル物語??

中盤
パワハラえぐすぎ主人公運悪すぎ見てるのつらい

終盤
色々あったけどハッピーな感じで終わりそうな希望が見えてきた

ラスト直前
待って待ってはめられたヤバいラストってそういうこと??人間不信になるかんじ??このままいくと死ぬほど落ち込む終わり方になるぞ?????

ラスト10分
サイコ〜〜〜〜〜〜〜〜(スタンディングオベーション)
mizuki

mizukiの感想・評価

4.5
頑張れ!ってなる映画。
かっこいいし興奮する。
大嫌いなのに大好きな映画って生まれて初めて。すごい作品を観てしまった。

フレッチャーはマジでクソ野郎だと思うし、私こういう奴心底大嫌い。あれをやられて心を病んで、もしそのまま我慢してたら取り返しのつかないことになってたかもしれない経験があるから本当にフレッチャー無理。ニーマン何にも悪くないじゃん。重傷を負ってまで演奏することに固執するニーマンはフレッチャーが求めてた通りの人間のはずなのに、大事にするどころか更に傷付けて、ちょっとやり返されたくらいでブチ切れて、プロになれないようにハメるフレッチャーは本当に大人げなさ過ぎる。何度言っても言い足りないけどフレッチャー本当にクソだよ!あんなに虐めて本当に何様?もうガンガン訴えられろって思ってしまう。

でも作品としてはあらゆる面で最高だし、クライマックスがものすごーーーーーーーーく気持ちよかったのは事実だからめちゃくちゃ悔しい。

文字通り血の滲む(途中から滲むどころじゃなかったけど)ような努力を重ねて執念でフレッチャーを見返したニーマンは本当にかっこいい。そして音楽を楽しんでる時のフレッチャーは本当にいい顔をしてて、あぁ本当に音楽を愛してるんだなって分かるから全力で貶すこともできない。ムカつく。フレッチャー本当に嫌な奴だよ!でもすごいんだよ!だからムカつく!

全編中8割の場面でものすごく嫌な気分になるけど、残りの2割で最高に気持ちいい気分になれるすごい映画。観て絶対損はしないと思う。元気があるときにおすすめ。
こぶた

こぶたの感想・評価

3.5
音楽がかっこよすぎる!

ララランドでも思ったけど、この監督は夢とそれを追う人の描き方がうまいな~
美しくて諦めきれなくて、だからこそ残酷で厳しい。
ただ美しいだけじゃないからこそ、音楽とかエンターテイメント、ショービジネスに対する愛を感じる。

映画としても内容はほとんど練習シーンだから、
リアルでエンターテイメント性はあまりないのに、だからこそ引き込まれるものがあった。
どう感じるかは見る人次第なのも面白い。
hal

halの感想・評価

-
「血の滲むような努力」なんて言葉があるけれど、滲むどころではなかった。
>|