セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

あらすじ

「セッション」に投稿された感想・評価

やばいやばいと噂で聞いていましたが、本当にやばかったです。
何がやばいかと言うと、ひとつの事を極める人というのはどんな人でも想像を絶するような練習量だったり執着心を持っていてそれしか見てないんだなと痛感しました。

主人公アンドリューのドラムへ対する愛なのか狂気なのかわからないほどの執着心は見ていて呼吸を忘れる程でした。

現代ではこんなスパルタ教育なんて色々と問題になるかもしれませんが映画だからこその良い刺激をかなり受けました。

このレビューはネタバレを含みます

どんでん返し!!!

このレビューはネタバレを含みます

ジャズがわからなさ過ぎて感情移入できなかった他、後味があまり良くなく好きではなかった、、
昴

昴の感想・評価

-
大変だ。
確信を持って自分の好きな生き方が出来るのってすごいな、自分の譲れないものが何かわかってるのってすごいな、ああゆう出し方はしたくないけどもちろん。でも一番大事なものを大切にするって別にそれ以外全部を蔑ろにしないといけない訳じゃなくないか、大変すぎるよ〜この映画。でも探せばいそうなところがもっと怖い、教授みたいな指導者。
あとお父さんがめっちゃかわいそう。好きなことをやってる息子を応援すべきか明らかに常軌を逸脱してるって止めるべきか、いや一流になるのはもしかしたらこれも必要なのか?とかお父さんの気持ちの描写とかって全然少ないけどもここも大変。
そういや楽譜どこいったんだろ、あの一瞬で。
見始めてしばらくしてから最後までこっちまで緊張してしまう映画だった、頑張った。
ラストがぼんやり

このレビューはネタバレを含みます

緊張感が凄かった。
ハゲの出てくるシーンずっと緊張してしまう。

音楽バカ二人がぶつかり合って足を引っ張り合って、でも「いい音楽、やりてぇ!」という一点だけで心が通じ合って終わる映画だった

フレッチャー(ハゲ)が少しでも音がズレたりすると「私のバンドの邪魔をする気か!」みたいな感じでこれまでずっとキレてたのに
最後ドラマーを失脚させるために渡してない楽譜の曲やるのはうーんって感じだった
あの舞台で復讐のためにああいうことするのなんかハゲのキャラがブレちゃって、結果「こいつヤベー奴じゃねーか!」みたいに感じてしまった。

でもラストのドラムシーンは本当に良かった
Lea

Leaの感想・評価

4.2
爆音映画祭
音楽映画の打率を信じて見に行ってよかった!爆音の価値あった!見終わったら疲れてた
終わり方かっけええ
映画見る中で自分は終わり方めっちゃきにするタイプなきがする
プライドを持って本気で何かをやりたいなあ
ドラム叩いてるときのカメラワークというか迫力の表現がすんごい
MariHarada

MariHaradaの感想・評価

4.1
面白かった!感情を楽器の演奏で表現しているところがいい。
所々フィッチャーの行動の意図が読めずに進んで行ったので見た人と話したい。
oggy

oggyの感想・評価

4.4
怒りと狂気と怒り。

落ちこぼれが才能を見出され、挫折しながらも成長していくという、いわばサクセスストーリーを、あんな風に、夢や希望とは対極にある屈辱や怒りだけで描ききることができるのか、と脱帽。"Whiplash"という原題も秀逸。
誰にも「褒められて伸びる」部分と「悔しさをバネに成長する」部分があると思うが、後者を徹底的に痛々しいまでに抉り出しているのがこの作品。手放しに共感したり元気をもらえる映画ではなく、人によってはトラウマもの。フィクションだからこそ価値がある。

「さあ帰ろう」と肩を抱く父親に背を向け、舞台に戻る姿はまさに狂気そのもの。

人生の起爆剤となる映画のひとつ。

このレビューはネタバレを含みます

爆音映画祭で見たセッション
見るの2回目やったけどやっぱりおもしろかったあ!

ラストのコンサート復讐!復讐!って感じが最高。

自分が吹奏楽してたから分からんのが悔しいとかいう気持ちもわかるし見てて何回も頑張れ😭ってなった

でも先生の自分の求める音楽と違う人排除する気持ちもわかる、、、たまに人間の心思い出した顔するの切なくて好き
>|