セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿された感想・評価

ふるた

ふるたの感想・評価

2.0
スポコンで芸術を扱いながら、興行収入を得ようとすると分かりやすさが必要になって、結果的に技術論に向かわざるを得ないって事なのかな。

芸術論に向かいながら興行収入を得るのは無理なんだと思う。

ストーリーがクソすぎる。
Jr0sun

Jr0sunの感想・評価

4.6
アツイ。
これがあっての、ララランドとグレイテストショーマンだからね、必見。

このレビューはネタバレを含みます

先生こわい
最後の演奏会シーン
めっちゃこわい

でも純粋に音楽を楽しむ人
最後、
無我夢中に演奏する彼とのセッション
スカッとしたような
不思議な感情
a

aの感想・評価

3.7
怖いけど面白かった
ラスト見てないー、、
楽器の練習しよう、、となりました。
Terry

Terryの感想・評価

-
2018/05/24鑑賞
いい意味で想像と違う面白さ
音楽をしている人は共感できるはず
ドラマーなろかな
ポスタービジュアルにはふたりの男がいて、厳格なる教師と、偉大なる凡人の姿があるけど、ここにはいない三人目の男も非常に重要だと思う。

父親だ。

帰る家があることは、とても有り難い。

振り返れば、いつも両手を広げて待ってくれている。

優しいし、温かいし、居心地いい。

でも、そこでは何も起こらないことも分かっている。

前に進むしかない。高く立ちはだかる壁に挑み、己の力で超えていくしかない。

才能や相性の有無も重要かもしれないけど、どれだけその事と向き合えるのか、挑めるのか、命を削ってでも真剣に立ち向かえるのか。

愛情、憎しみ、妬み、苛立ち、すべての情熱を注げるものに出会えたら、超えていくしかない。

弱い自分に喝を与え、昨日までの自分に今こそ勝つ。

互いに讃えて、みんなで笑って、感謝し合おう。

p.s.

ララランドのセブ(ライアン・ゴズリング)がクビになったレストランのオーナーは、実はフレッチャー教授(J.K.シモンズ)で、音楽業界から干されてジャズを嫌うようになったということを知って、改めて今作を観直してみた。
>|