セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「セッション」に投稿された感想・評価

才能ある者は人権を蹂躙して良いってのも一理ある
話の進み方が想像とは違った。
面白かったような、でも、消化しきれない所もあるような…。
何度も見たいわけではないけれど、また見たくなりそうな気もする映画だった。
ラストシーンは圧巻 "キャラバン"はまさしくセッションが一番キマッてたし アンドリューのドラムソロは観てるこっちが鳥肌立つくらい

なんだかんだアンドリューはサッチャーをぶっ潰す勢いでドラムやってたのがよかった それに気づいたというか「かかってこい」っていうサッチャーだからハマった

行きすぎたプロは狂気さえ感じるね
だぼく

だぼくの感想・評価

5.0
今までで一番、感じたことを言語化しにくい映画。

もちろん「おもしろい」なんて言葉じゃ足りない。この映画に心臓を握り締められてるみたいな、そんな感覚がずっと続いてた。こんな種類の感動が存在するんだ。

整理し切れてないから、後で詳しく書く。
fukkuman

fukkumanの感想・評価

3.3

鬼教師に歯向かっていく主人公すごい。
ラストシーンよかった。セッションてそういうことか~てなった。
miharu

miharuの感想・評価

2.5
ハマらなかったな〜
ShunItoh

ShunItohの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

2人は最後のセッションで互いにようやく目的を達成する。ニーマンは鬼教師であるフレッチャーに認められ、フレッチャーはニーマンというドラムの天才を育てあげた。
この映画のラストで救われたのは主人公だけではない。何より救われたのは教育者として挫折したフレッチャーなのだと思う。
フレッチャーは意図的に厳しい試練を与え天才を育てようとしていたが失敗。学校を追いやられ、その失敗をニーマンに責任転嫁し逆恨みする。そして、本気でニーマンに復讐をするのだが、その本気の復讐こそが結果的にニーマンの才能を開花させるものになった。
と解釈しました。
見る人それぞれで感じ方は違ってていいと思う。
ドラムの魅力に取りつかれます!狂気は感じるけれども
Kaho

Kahoの感想・評価

-
教授がドビー
>|