セッションの作品情報・感想・評価・動画配信

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「セッション」に投稿された感想・評価

彗星

彗星の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

純粋に音楽を楽しみたい人のための音楽映画では無かった…。全編通して「正気か?」って言いたくなる。
彼女と2人でカフェにいるときも家族と話しているときもどの場面でも謎の切迫感を感じたが、最後のソロドラムでは呼吸を忘れてエンドロールに入って一気に息を吐いた。劇中何回F××Kって出てきたか数えたいくらいの罵倒で精神削られた。あそこまで高みを目指して努力できる人間を天才って言うんだろうな。
フェスではフレッチャーの高みを目指してたニーマンが自分の高みを見てる感じを受けた。9/10くらいまで鬱展開だと思ったけれど最終的に考えも行動も突き抜けるレベルで一貫してたからか綺麗に終わった印象。ドラムソロでは音の粒の迫力に驚いた。結局主人公も教官も似た者同士だと思った。凡人には理解できないからこそ面白かった。
自分はコノリーが劇中で1番好きです
Luuna

Luunaの感想・評価

4.4
最後のシーン無意識にずっと手で口抑えてた....そのくらいの迫力でびっっっくりした

映画終わりの不快感が全くないのが不思議
爆音で観るのが本当にオススメ

ストーリー★★★★☆
世界観★★★★☆
音楽★★★★★
映像★★★★☆
好み★★★★★
⚪概要とあらすじ
サンダンス映画祭でのグランプリと観客賞受賞を筆頭に、さまざまな映画賞で旋風を巻き起こした音楽ドラマ。

名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン(マイルズ・テラー)。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャー(J・K・シモンズ)だった。ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引き出すためには暴力をも辞さない彼におののきながらも、その指導に必死に食らい付いていくニーマン。だが、フレッチャーのレッスンは次第に狂気じみたものへと変化していく...。

⚪キャッチコピーとセリフ
“アカデミー賞が飛び付いた才能と狂気”

「合図する」

⚪感想
狂気VS才能。いや狂気VS狂気!?

とにかく鳥肌たった。
ラストはもうくぎづけで呼吸が止まり、手に汗握る。
ラスト9分で感動と迫力と見応えと面白さを爆発させる。

音の迫力。
特にドラムの迫力が異次元。
これ観て一周まわってドラムをやりたくなる。優しい先生に教わりたい...。

この監督の作品は『LA・LA・LAND』でもそうだったんだけど他の映画と違った道を行っている気がして斬新で新鮮さを感じる。まだこの2作しか観てないけども。
好みが圧倒的に分かれる展開、演出でもある。

J・K・シモンズ演じるフレッチャーの狂気にドキドキが止まらない。

映画の内容を音楽で綺麗にカバーしている。
物足りなさは全くなく、逆に凄いものを観てしまった満腹感。

音楽って歌を聞く程度だけど、この映画を観るとこういう楽器演奏はその場その場でしか生み出せない音があって、録音という概念をなしにすれば二度と同じ音を聞くことはできない儚いものに感じる。

ジャケットはしょうがないけど字がないほうが良いジャケットだと思う。日本字でジャケットの良さ潰しがち。



⚪以下ネタバレ



事故にあって血だらけで来るニーマンには狂気を感じた。
フレッチャーも狂気なんだけどニーマンもニーマンでドラムに対しての思いが狂気。

⚪鑑賞
TSUTAYAのDVDで鑑賞(吹き替え)。
GYAO!で振り返り(字幕)。
hare

hareの感想・評価

1.6
いまいち盛り上がりにかけた。
これが本当の話ならあんまりだと思う。

このレビューはネタバレを含みます

芸術をモノにするには凄まじい執念と挫折が必要・・・なんて主張とは自分は決して相容れませんね。ということで若干醒めた目線で見てたのですが、映画としての完成度は高く、ラストの狂気的なドラムソロには拍手。
MIDI

MIDIの感想・評価

3.5
期待しすぎたせいで私にはいまいちだった。ひたすら主人公の執念深さと恩師(準主役といっていいのか?)の頑固さに腹立った。最後、スカッとはするけど、印象に残ってるのはひたすらムカつく恩師のキャラだったな。
malmal

malmalの感想・評価

4.0
いじっ張り同士が最後まで意地を張り続ける話
>|