セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

先にこちらをお読みください。
https://filmaga.filmarks.com/articles/203/

以下、上記記事では書けなかったこと。

本作を貶すポピュラーな言い回しに「ジャズの本質が描けていない」というのがあるようだ。しかし、この『セッション』はジャズの本質を描こうとした作品では無い。
例えば。映画『メジャー・リーグ』は野球の本質を描こうとしているワケでは無いし、チャーリー・シーンのピッチングは時速100マイル(160キロ)の速球を投げられるものでは無いだろう。
イーストウッドの『インビクタス/負けざる者たち』も、ラグビーの本質を描いていない。イーストウッドはいまだにラグビーのルールさえ理解していないだろう。
しかし、だからと言って上記した作品がつまらない証拠にはならないし、貶される所以も無い。


正直なところ、菊地成孔の批評文は支離滅裂な上にムダにダラダラと長く、要点は得ないものの口汚く悪意だけは伝わってくる、気分が悪くなるのみで得るものが何も無い駄文だ。
今回、フィルマガの記事を書くために改めて読み返したが、やはり最初に読んだ時と同じ感慨しか持てなかった。読みづらい悪文。暴力的な文字数。あっちこっちに飛びまわる主張。意味不明さ。口汚い悪意。
つまり、『セッション』におけるフレッチャーの言動だ。


劇中でニーマンをビンタして「俺が遅れているか早いのかわかるか?」と詰問する場面がある。ココで観客は恐怖する。なぜなら「ドッチかわからない」からだ。
「音がずれている」と聞いて回って、結局誰も自覚の無いまま、(フレッチャー視点では)間違っていない青年が楽団をクビになる場面まである。
要は間違っていても、正しくても、どっちでもイイのだ。
例えば。バスケのシュートでリングを外れてしまえば一目瞭然でミスがわかる。叱られたとしても、その理由は明確だ。算数の計算なら「間違え」はもっと明確だ。
しかし「テンポがあってない」「音がズレている」はよほど明確にズレてでもいない限り間違いはわからない。プロの音楽家では無い多くの映画観賞者にとっては特にそうだ。そして、「アメリカ白人が教えるジャズは3流」「グルーヴが無い」といった明確な答えの無い主張もフレッチャーのビンタと同じだ。
その道で「先生」と呼ばれる人物が「ダメ!」と言えば反論の糸口は無い。自分としては「何が悪いのかわからない」としても、「先生」が言うのだから「ダメ!」なんだろうと思うしかない。
その理由が「支離滅裂な上にムダにダラダラと長く、要点は得ないものの口汚く悪意だけは伝わってくる言葉」で語られたとしてもだ。


つまり、菊地成孔は『セッション』のフレッチャーに自分自身を見つけてしまったのだろう。自分の醜さを詳らかにされ、若造にしてやられる場面を見せられた。そう感じたのではないだろうか?
だとすれば、全てのスジが通る。
どうにかして貶さなければならない。自分のファンには見せてはならない。自分のやり口がバレてはいけない。そんな必死な思いが、暴力的に読みづらくてムダに長くて、口汚い評文になった。

結果として、いつもの自分/フレッチャーがやるようになってしまったが。
最高にいい作品
めちゃおもしろいどんでん返しあった作品やったとおもう
ドラムしてる子の話
おこりんぼうなスキンヘッドの先生がバイト先の店長に似てるので点数低め
へんたいな映画
Yumi

Yumiの感想・評価

3.9
登場人物に感情移入はできなかったけど、鬼気迫る演技に引き込まれる作品。最初から最後まで息苦しかった。最後のドラムのパフォーマンスは圧巻。
開始から終了までぐわっと目を見開いてた。そのことに終了するまで気付かないくらい引き込まれてた。ニーマンのドラムに対する集中力が観察者にも憑依したみたい。途中ドラムから離れて、えっここからどう展開するの?どう終わるの?って思ったところから本当のセッションが始まった。興奮する映画。
苛烈すぎる。アンドリューは一回くらい先生を殴っても許される。5回くらい許される。
タナカ

タナカの感想・評価

4.1
めちゃくちゃ良かった。
特にフレッチャーの厳格さが映画に常に緊迫感を与え、それをラストシーンでひっくり返された時の何とも言えない感覚。ずるい
224

224の感想・評価

-
わかりやすいシンプルな脚本、だけどラスト数分間のものすごい爆発力
理屈じゃ語れない繋がりだねー!!


鬼だ、、鬼すぎる鬼教師

そして、それに負けない
反骨精神丸出しのドラマー!
こういうキャラクター好きだ(笑)

凹られても凹られても立ち上がるゾンビのような精神力。感服だね


友人曰く、
学生時代の教師が鬼教師で、
酷い目にあったけどそれがあったから
自分は強くなれた、と言っていた意味が
少しわかった気がする。
まあ、私はぜったい御免だけどね!


でもそんな繋がりも少しは羨ましいな〜なんて。この映画を観て思ってしまったよ。
>|