セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

先にこちらをお読みください。
https://filmaga.filmarks.com/articles/203/

以下、上記記事では書けなかったこと。

本作を貶すポピュラーな言い回しに「ジャズの本質が描けていない」というのがあるようだ。しかし、この『セッション』はジャズの本質を描こうとした作品では無い。
例えば。映画『メジャー・リーグ』は野球の本質を描こうとしているワケでは無いし、チャーリー・シーンのピッチングは時速100マイル(160キロ)の速球を投げられるものでは無いだろう。
イーストウッドの『インビクタス/負けざる者たち』も、ラグビーの本質を描いていない。イーストウッドはいまだにラグビーのルールさえ理解していないだろう。
しかし、だからと言って上記した作品がつまらない証拠にはならないし、貶される所以も無い。


正直なところ、菊地成孔の批評文は支離滅裂な上にムダにダラダラと長く、要点は得ないものの口汚く悪意だけは伝わってくる、気分が悪くなるのみで得るものが何も無い駄文だ。
今回、フィルマガの記事を書くために改めて読み返したが、やはり最初に読んだ時と同じ感慨しか持てなかった。読みづらい悪文。暴力的な文字数。あっちこっちに飛びまわる主張。意味不明さ。口汚い悪意。
つまり、『セッション』におけるフレッチャーの言動だ。


劇中でニーマンをビンタして「俺が遅れているか早いのかわかるか?」と詰問する場面がある。ココで観客は恐怖する。なぜなら「ドッチかわからない」からだ。
「音がずれている」と聞いて回って、結局誰も自覚の無いまま、(フレッチャー視点では)間違っていない青年が楽団をクビになる場面まである。
要は間違っていても、正しくても、どっちでもイイのだ。
例えば。バスケのシュートでリングを外れてしまえば一目瞭然でミスがわかる。叱られたとしても、その理由は明確だ。算数の計算なら「間違え」はもっと明確だ。
しかし「テンポがあってない」「音がズレている」はよほど明確にズレてでもいない限り間違いはわからない。プロの音楽家では無い多くの映画観賞者にとっては特にそうだ。そして、「アメリカ白人が教えるジャズは3流」「グルーヴが無い」といった明確な答えの無い主張もフレッチャーのビンタと同じだ。
その道で「先生」と呼ばれる人物が「ダメ!」と言えば反論の糸口は無い。自分としては「何が悪いのかわからない」としても、「先生」が言うのだから「ダメ!」なんだろうと思うしかない。
その理由が「支離滅裂な上にムダにダラダラと長く、要点は得ないものの口汚く悪意だけは伝わってくる言葉」で語られたとしてもだ。


つまり、菊地成孔は『セッション』のフレッチャーに自分自身を見つけてしまったのだろう。自分の醜さを詳らかにされ、若造にしてやられる場面を見せられた。そう感じたのではないだろうか?
だとすれば、全てのスジが通る。
どうにかして貶さなければならない。自分のファンには見せてはならない。自分のやり口がバレてはいけない。そんな必死な思いが、暴力的に読みづらくてムダに長くて、口汚い評文になった。

結果として、いつもの自分/フレッチャーがやるようになってしまったが。
りぃ

りぃの感想・評価

3.1
栗ご飯用の栗剥きながら観てたからいまいち入り込めなかった。
わたしも、 チェロをこのくらい、こんつめてやらなきゃいけないんだなと思わされた。。
AOI

AOIの感想・評価

4.1
鬼教師とそれに対抗する生徒の狂気溢れる話
>|