セッションの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿された感想・評価

理屈じゃ語れない繋がりだねー!!


鬼だ、、鬼すぎる鬼教師

そして、それに負けない
反骨精神丸出しのドラマー!
こういうキャラクター好きだ(笑)

凹られても凹られても立ち上がるゾンビのような精神力。感服だね


友人曰く、
学生時代の教師が鬼教師で、
酷い目にあったけどそれがあったから
自分は強くなれた、と言っていた意味が
少しわかった気がする。
まあ、私はぜったい御免だけどね!


でもそんな繋がりも少しは羨ましいな〜なんて。この映画を観て思ってしまったよ。
onishy

onishyの感想・評価

5.0
ヤバいこの監督の夢追い人の描き方エッッグいほんとエグいそんな泣く映画じゃないけどめちゃくちゃに泣いてしまった セックスだった!!!!!
ぴすけ

ぴすけの感想・評価

4.2
皆さんのレビューを見て、「狂気」「狂ってる」「ホラー」と書かれてる意味がわかりました。
すっっっごく面白い映画で、106分がほんとにあっという間でした!
無駄が無くって、一瞬も目が離せませんでした。
鬼教官が、想像してる鬼教官よりも遥かに上をいく!!ほんと、狂ってる!
対抗するアンドリューもほんと、狂ってる!
(悪い意味ではございません。笑)
いや〜、ほんとかっこよかった!
ゾクゾクが止まらなくて、ラストは鳥肌ファァア〜!!!
今まで厳しく指導してきたのは全てお前の為だったんだよ^^とか、全然そゆ甘い感じじゃないんです!もっともっと、ホラー!笑
音楽に詳しくない私でも楽しめたし、とても熱くなりました!
また観たいです!
Hquuuuu

Hquuuuuの感想・評価

4.4
びっっっくり、すごかった
一応音楽がテーマの映画だし、音楽とかかっこいいのかな、とか思ってみたら、
いや、かっこよかったけどさ、それどころじゃないって。
難しい言葉並べるの嫌いというか苦手なので、ひとことで言うと


セッション半端ないって
Xxxzzy

Xxxzzyの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

これは菊地成孔が怒るのも仕方ないほどのパワハラ・アカハラ映画。日大アメフト部の悪質タックル問題を強く想起させるんですが。先生サイコパス過ぎ。最後主人公がドラムでひと泡ふかせるのはスカッとするかと思いきや先生喜んじゃうからモヤっとする。音楽で繋がったよ♪ってオチにしてんじゃねえ感が凄い。でも結論としては、最後はドラムで勝負だ!的な意味では現代ハリウッド版「嵐を呼ぶ男」ということで良いでしょう。
ましお

ましおの感想・評価

3.5
レビューにハマったので、昔みた映画をつらつらと。


音楽版スポ根洒落乙映画


って感じ。
すげー感動する。努力する辛さと、努力の虚しさと、でも本当に乗り越えられた人のサクセスストーリー。

全然ベクトルが違うんだけど、ショーシャンク見たときみたいな感動があった。


残念なのは、ジャズバンへの知識不足。
菊地成孔とかもレビューしてたけど、もうちょい音楽勉強してから撮ろうよ。
saneful92

saneful92の感想・評価

4.5
ストーリーは一筋縄ではない。しっくりくる訳でもなく、ハッピーエンドかどうかもわからない。

それでも、素晴らしい終わり方だった。この映画は、最後の5分を見るか見ないかで全く印象が変わってしまう。なかなかこのような演出はできないと思う。多くの人がエンドロールの途中まで鳥肌が立ったまま見ているのではないだろうか。

最後のシーンのメッセージは何か。憎み合う2人、しかし2人にしか理解できないもの。そのことを2人はわかっている。ふと「アマデウス」を思い出した。
咲

咲の感想・評価

4.5
息を飲むとは、このこと。

最近は映画の構成とかばっかり気になっちゃうけど、これは集中しすぎてポップコーンも食べれなかった😳

イスが飛んできたり、怒鳴られたり、部活を思い出してちょっと怖くなる。
でも一流になるためには、こうやって狂うほどに打ち込まないといけないんだな。
明日からまた仕事がんばろ。笑
yuri

yuriの感想・評価

4.0
ものすごい迫力と執念を感じた作品だった
個人的にはフレッチャーは最初から最後まで教育者としてはクソだけど彼のブレない信念は素晴らしいと思った。
映画館で見ることができたのは良かったですが、初見のときのような衝撃は無かったです

初めて見たときはラストシーンで息が詰まりました

目標のためにそこまで必死になることは自分にはできないので尊敬します

途中のデブは可哀想だと思いました