セッションの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿された感想・評価

みーる

みーるの感想・評価

4.0
文字道理血の滲む努力……
最後はなんかお互いの音楽での復讐劇みたいでよかった、それでも最後のフレッチャーは最低だとおもうわ
tjZero

tjZeroの感想・評価

3.5
テンポもリズムもいいし、メリハリのある展開であっという間に観終わっちゃったんで、この採点☆。

ただ支持、はあんまりしたくない。

スポ根的な、師と弟子の物語。

『ロッキー』とか『英国王のスピーチ』みたいな”個人競技”であれば、濃密な師弟のお話でもいいとは思うんだけど、本作の場合、ソロ演奏だけでなくてアンサンブルも大事なジャズでしょ?

J・k・シモンズ演じるフレッチャーが先輩ドラマーという設定なら、ドラムのテクニックだけ主人公のアンドリューに叩きこむのも納得だけど、彼はあくまでもバンドの指揮者じゃないですか。

バンド全体の完成度とか成功とかを最優先するべきなのに、ドラマーのアンドリュー青年の事しか考えてないように見える。

だから、映画全体があまりにも現実離れしているように感じられる。ファンタジーみたい。

むしろ、アンドリュー青年が脳内にフレッチャーみたいな悪魔を飼っていて、この映画全体が彼の妄想だという解釈の方がしっくりくる。

デイミアン・チャゼル監督作としては、『ラ・ラ・ランド』の方が”ふたりだけのお花畑世界”がミュージカルという虚構の空間としっくり馴染んでいて、収まりが良かったように思う。
ニーマンとフレッチャーの狂気の物語
サイコパスだなあ
ラストの展開は頭に?が飛びまくる

本編中盤、フレッチャーが彼の本心を吐露するシーンがある。「危険なのは、上出来(グッジョブ)という言葉だ」。狂気の天才はいつだって“不十分”の烙印を押され、それを跳ね除けようとして努力を重ねてきた。そこで諦め潰えた者は、成功しない。彼の音楽指導における哲学が、ひいては人生哲学に繋がる印象的なシーンだ。

m1 y 17 L 30
pepe

pepeの感想・評価

4.2
鬼気迫る作品。気迫がすごくて、目が離せなかった。最後のセッションはこれがジャズだとでも言わんばかりで、音楽を作ってる感じがした。
しうじ

しうじの感想・評価

3.7
車の事故のところから主人公が可愛そうで観てられなかった
でもよく出来てる映画だと思ったし全員演技が良かった

このレビューはネタバレを含みます

ジャズへの造詣がまったくないもんで、ラスト一番盛り上がるところで疑問点が浮かび過ぎてすごい尻すぼみな印象になってしまった。

あのコンサートで一曲目を復讐のために台無しにしたわけだけど、そんなことをしても大したことない程度のコンサートなの?
そうじゃないなら、そこまでして学生に復讐するの?

ニーマンは練習してない曲が演奏されて何もできなかったわけだけど、ではニーマンが演奏し始めた『キャラバン』をなぜ他の奏者が弾けるの?プロだから?
いくらなんでもそんなに上手くいかなくね?

で、曲が終わって最後ニーマンがドラムソロを続けてくわけだけど、途中まで困惑してたフレッチャーがどんどんのってく…
おれがこの場でドラムソロひたすら聞かされたらすげ〜退屈な気がするんだけど、あの演奏は素晴らしいの?
いいのか悪いのか、観客とかリアクションをとる第三者がいないからよくわからなくて…

そんなこんなで不完全燃焼。
Sayon

Sayonの感想・評価

1.5
終わり良ければ全て良し感がすごいけど、私は本当に辛すぎて途中観てられなかった。
主人公が、厳しいレッスン以外でも打ちのめされてるのはちょっと、、
Natsuho

Natsuhoの感想・評価

4.2
常に緊張感があるし胸糞悪いけど最後は最高に爽快!
演奏シーンも迫力があって美しくて見入ってしまったし、びっくりするような展開が多くてこういう映画大好き
音楽が良かった
先生が怖かった
あんな先生いたら学校やめるわ
意地クソ悪いハゲにボロカス言われながらもまるでDV被害者のよーに言う通りにしようと励む音大生ドラマーの映画。
ハゲなぁ、、言ってることわからんでもないけど、嫌いだな。

が! やっぱり音楽とゆーのはどんな人間であっても心を繋ぐもんさな!素晴らしい!ブラジャー間違えたブラボー!