セッションの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿された感想・評価

キヅミ

キヅミの感想・評価

4.0
つかれたあ。しんどい。ものすごく激しい映画。異常なまでに完璧を求める教師と、それに応えようとするドラマー。少し間違えれば罵倒されるそれはまるで綱渡りで、みているこっちも苦しくてつらかった。いつ狂気に殺されるのかひやひやしたし、俳優さんたちすごかったなあ。
SHIMA

SHIMAの感想・評価

3.8
最後は圧巻の一言です。

わざとか?
わざとではないのか…?
音楽やってた頃を思い出した。レギュラー取るために必死になり、人間関係がギスギスする感じ。。。音楽やりたくて文字通り死に物狂いになるところがすごかった(小並感)
前髪

前髪の感想・評価

5.0
世の中に才能なんて実は存在しないのかもしれない。
いや、本当に死んでしまうのではないかというレベルまで努力することができるのが才能なのかもしれないな。
狂気に満ちていて、でもそれでいてすごくリアルな世界だと感じた。めちゃくちゃだけど。努力は自分をめちゃくちゃにしないと努力じゃないよな。
私も悔しい。自分が頑張っていないちっぽけな人に感じる。
最後のセッションは、観ている時に涙は流れないけど感想書いてる時にすごくじわーっと涙が滲んできた。
私も脳内でバンド結成してしまった。
本当にカッコよかった。最後スッキリ。
moch

mochの感想・評価

1.5
パワーハラスメントハゲ。
いい気持ちにはならない映画だった。
kiddy

kiddyの感想・評価

4.0
会社の上司のパワハラが嫌だなーと思った方がこれを見ると、「まだうちの上司の方がかわいもんやん!」って思います。
JKシモンズの演技力で最後まで飽きずに見れます。
プロトのショートフィルムにあたるシーンが一番の要素で、他のシーンは薄く感じた。ラストのシーンのための支度時間だからしょうがない。音楽はすごく気持ちいいし、フレッチャーせんせい役のJ・K・シモンズのパワがすごい。シャンッとドラムが始まる緊張感が気持ちいい映画だった。(2016/5/10
爆音で見直してスコア直さなきゃってなった。

爆音に1番あってる映画かもしれない…!
ドラムっていうただでさえ体に響いてくるもののさらに爆音なんてとんでもないエネルギーが見てて伝わってくる。

バードマンとセッションを2週連続で見た時から映画好きになったな。って改めて思った。

J.K.シモンズ凄すぎる…。ドラムにまるで負けない迫力。
ジャズバンドっていうものの中でどの楽器よりも強くフレッチャーが存在してるからこそ成り立ってる映画だ…。
7

7の感想・評価

3.9
大きな目標があって、努力できることが1番カッコイイし幸せなんだろうな
ひろ

ひろの感想・評価

4.2
爆音映画祭にて。
フレッチャーが投げ続けたシンバルが実を結んだと分かってからのフレッチャーの躍動感が素晴らしい。夢が叶って、この後死んじゃうのではと思ったくらい。