涼

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンスの涼のレビュー・感想・評価

3.7
最後に繋げるためのストーリーだったが、それでも十分過ぎる骨太感。

「首吊りの木」あたりから反乱軍の一員になった気分!

誰もが持っている弱い心を投影したヒーロー・ヒロインというのは誰にでも感情移入出来るが、ことカットニスに関しては取り分け人間らしい弱さがあって非常に近い存在のように感じる。
また特に今作になって英雄と讃えられているが、あくまでそれは目的達成の為にやっていることであって「皆の者、立ち上がれ!反逆の時だ!」という事は本意ではなく、本来の己の目的であるスノー大統領による支配を終わらせるという事に身を削り命を尽くしてしるところに観るものは共感し自己投影しているのではないでしょうか?

最近流行っている悩めるヒーロー像とはまた一線を画しているところがニッチな分野を攻めていて飽きさせないんだと思います。

もたもたしてる間に最終章が公開してしまったので取り急ぎ観に行きます!

最新作の予告にクリーチャー的なヤツが出てきていたのは悪い意味で気になりますが。