百日紅 Miss HOKUSAIの作品情報・感想・評価

百日紅 Miss HOKUSAI2014年製作の映画)

上映日:2015年05月09日

製作国:

3.4

あらすじ

百日紅(さるすべり)の花が咲く――お栄と北斎、仲間達のにぎやかな日々がはじまる。 女浮世絵師・お栄は、父であり師匠でもある北斎とともに絵を描いて暮らしている。雑然とした家に集う善次郎や国直と騒いだり、離れて暮らす妹・お猶と出かけたりしながら江戸の四季を謳歌している。恋に不器用なお栄は、絵に色気がないと言われ落ちこむが、絵を描くことはあきらめない。そして百日紅が咲く季節が再びやってくる、嵐の予感…

百日紅(さるすべり)の花が咲く――お栄と北斎、仲間達のにぎやかな日々がはじまる。 女浮世絵師・お栄は、父であり師匠でもある北斎とともに絵を描いて暮らしている。雑然とした家に集う善次郎や国直と騒いだり、離れて暮らす妹・お猶と出かけたりしながら江戸の四季を謳歌している。恋に不器用なお栄は、絵に色気がないと言われ落ちこむが、絵を描くことはあきらめない。そして百日紅が咲く季節が再びやってくる、嵐の予感とともに……。 江戸の四季を通して自由闊達に生きる人々を描く、<爽快>浮世エンターテインメント!

「百日紅 Miss HOKUSAI」に投稿された感想・評価

わりに

わりにの感想・評価

4.3
渋いけどキレがあってよかった。こういう何も起こらなくてちょっとなんか起こる映画が好きだ。

好きなシーン
泣き虫
歩き出すと潰れちまう
手が出て行く
俺も初耳だ
椿
命も目も
umeshio

umeshioの感想・評価

-
20150524
原作未読。起承転結があるというより、日常系のお話だった。面白かった。観終わったあと日本っていいな〜日本人っていいなぁ、と思える映画だと思う。魑魅魍魎や説明できないものに対しての日本人特有の対処の仕方というのが、なんか、いいなぁ。って。うまく言えないけど、自分も日本人だから ああ説明できないけど、わかる。あるある、みたいな不思議な感覚を味わえた。理解し得ないけど確かにある第六感のようなものとか、虫の知らせとか、なんかそういう説明できないもの達が沢山登場するのが良いし、独特な感覚を得られる映画だと思う。
モノローグの江戸を東京と改名。っていうの見て、なんかいいなぁ!っていう謎の興奮に襲われたwそうだよな、東の京なんだよな。東京っていい名前だなあ。総じてこの独特で、観るものに不思議な気持ちを味わせる映画とても良いし、説明できないけどなんか良い。っていう映画は好きだしうまいなぁと思うんだけど、音楽が嫌だった。BGMっていうの?画面に合ってないところが結構あったし、強引な持って行き方に感じた。音楽の大事さを再確認した。原作読んでみよう。映画館
タタ

タタの感想・評価

4.3
よかった。男関連の心理描写が特に。
つな

つなの感想・評価

3.9
杏ちゃん松重さん良かった
世俗から離れてる感というか職人は何だかんだ違う雰囲気がある
絵描きといい花魁といい落ち着いた雰囲気があった
雀

雀の感想・評価

-
2016:01:03
★★★☆☆ 映画の出来とは関係ないけど、Hokusaiというのは画名でファミリー・ネームじゃないわけだし、お栄の画名は応為であって、お栄は二代目北斎を名乗ったわけでもないわけなんだし、Miss Hokusaiという副題は~~その~~ちょっと~~。

このレビューはネタバレを含みます

オープニングが銀魂みたいだったな、なんとなく。
絵も綺麗で題材も好きだけれど、ストーリーのオムニバス感が否めずぼんやり観てしまった。
nknskoki

nknskokiの感想・評価

3.4
葛飾北斎の娘「お栄」を中心とした実在の人物を軸に江戸の風俗や庶民の生活を描く

偶然見つけたんだけど、葛飾北斎が大好きなのでパッケージ借りした

内容とほとんど関係無いけど今から葛飾北斎の面白い所を挙げます🙄

・30回くらい名前を変えていて僕が好きな号は「卍」と「画狂老人」
・100回くらい引越しをしてて1日3回引越したこともある(お前はヤドカリか)
・掃除と料理を全くしない。好きな食べ物はクワイ
・ファッションに無頓着で毎日同じ服を着る。また、歩く時には常に呪文を唱えている

変人すぎる
mas

masの感想・評価

4.3
すき。お栄さん、これで知った。
ayakuro

ayakuroの感想・評価

3.5
背筋がぞっとする話や、家族の話などが盛り込まれていて、テンポ良く話が進んで行く。画面がきれいだ。
>|