アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生の作品情報・感想・評価

アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生2014年製作の映画)

Advanced Style

上映日:2015年05月29日

製作国:

上映時間:72分

3.9

あらすじ

「アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生」に投稿された感想・評価

ayako

ayakoの感想・評価

3.5
若者よりもとてもお洒落でエネルギッシュ。
ファッションも含めて、年齢のせいで縛られることはないなって思えた。 挑戦することに年齢は関係ない。前向きになれるドキュメンタリー。
「若くみられるより、魅力的に見えたいの」

ストリートがランウェイ
お金がなくても 爪を磨き 美しい靴を履く

自転車に乗るのは
まとった服を見せびらかしたいから


流行になど ときめかない
毎日が
一瞬一瞬が 私の人生


ホントにこの人ら
私より年下でしょ?と思ってしまうほど

生きてる。いまをね。




・・・彼女らのホームグラウンドが
自己主張なんかあったりまえ!なNYだってのを抜きにしても

この、際立つものは何なんだろう?
と思いながら眺めていて



…エレガントさ
だね。

「私は私 どうにもならないでしょ?」
・・・その上に立つ エレガントさだ。



こればっかりは 生まれ持つものよりも
人生で学んでいくものが
大きいと思う。

誰に会い 何を学んで
「どうにもならない」私をベースに
積み重ねていくもの


そうして積み重ねてきたものだから
美しく 時にキュート♪
ただのド派手なおばちゃんに
成り下がらないポイントだね。


彼女たちの言葉を
借りるなら
「お互いに違うって
 素敵ね。」


☆☆★


DVDには特典映像が収められています
これが秀逸♪


本編に登場した
“老いを謳歌するファッショニスタ達”が
古着屋へ
マクドナルドへ
買い付けへと
それぞれに街を闊歩する姿が収められている

その中の
「デボラのTシャツチャレンジ」
が素晴らしくわかりやすい!



色を着ることをこよなく愛する彼女が
アクセサリーも時計も、バッグもなし

白い半袖Tシャツと
フルレングスのブルージーンズに
ペッタペタのサンダルで
街を歩くという実験をしてる


本編での彼女、また前章で
嬉々として古着店内を歩く彼女とは大違いな
のっぺりとした、いかにも窮屈そうなそのお姿!

実際、彼女も
『暑いし窮屈』
と漏らし
『おしゃれの仕方を知らないティーンになった気分』
とバッサリ。


今、若い頃から大好きで着てきたTシャツやジーンズが
「似合わなくなった」と感じている30代後半以上の女性には
この映像に1つの答えがありますよ^_^
歳をとった女性が人にどう見られるかではなく、ただ自分が美しいと思えるファッションを楽しむことによって注目される様が映し出されている。自信を持って服を着飾り化粧をする姿は逆に若い世代にもきっといい刺激となったはずだ。老いは退化ではなく、進化!そんなことを教えてくれる素敵な映画でした。
おばあちゃんになってもオシャレしたい!
Moram

Moramの感想・評価

3.7
お洒落の意識高い系の
素敵なおばちゃま達の
ドキュメンタリー
自分に似合うものと
身の丈に合ったものを
身につける贅沢を満喫してらっしゃる
人生の先輩達がいっぱいでてきて
とても華やか
今日まで“美”が失われていくのを年齢のせいにしていた。
でもこの作品を観て考え方が変わった。

おばあちゃんたちのファッションセンスが光ってる。
めっちゃめちゃおしゃれ。
そしてみんな自分の『好き』で自分を作っている。
流行にとらわれる事なく、自分らしさを貫いてる。

おばあちゃんたちの言葉がどんどん刺さる。

自分の年齢に愛着を持ちたい。
若く見られるより、魅力的な女性でいたい。

私の中で鐘が鳴った。

ゴーン🔔

若さを羨む人生なんて勿体ない。

おしゃれする事に年齢は関係ない。

自信を持って好きな服を着て、好きなメイクをして生きたい。

これは繰り返し観たい大好きな作品になった。

あー楽しかった‪⸜❤︎⸝‬
自分に寛容なだけ
私は私 どうにもならないでしょ?

一瞬一瞬を楽しみ
今をありがたく思うのよ

自分らしく前に進むしかないわ

年老いた自分をひたすら楽しむの
今の自分に満足だわ

などなど、とことん前向きな彼女たちの言葉に、歳を重ねるのが楽しみになる!
こんな風にワクワクしながら歳を重ねたい。
繰り返し観たい作品。
kirigabana

kirigabanaの感想・評価

4.2
人生自分次第でいくらでも変えられる。
なっこ

なっこの感想・評価

3.0
あらすじが全てを語っている

予告編でカメラマンの彼が、街角でオーバー50の女性にあなたはゴージャスだと言って声を掛けてスナップを撮る姿がいいなと思って観ることにした。

着飾ることはヒトの特権だと思う。生き方がそのままファッションに現れる。

90歳を超えた老女が軽やかに歩いていくその後ろ姿をゆっくりとついていく、愛情あふれる眼差し、

その足取りに人生が詰まってる。

もう十分。やりたいことはやった。毎日が新鮮で全ての瞬間が美しい。いつもはそう出来なくても、彼女のように満足して、常に笑って、そういう風に生きたい、そういうふうに年を取っていきたい。そう思わせてくれる素敵な映画。
ミセン

ミセンの感想・評価

3.4
私もおばさま達みたいに、心もファッションもゴージャスに生きていきたいな!


"若く見られるより魅力的でいたい"
>|