chao

SAINT LAURENT/サンローランのchaoのレビュー・感想・評価

SAINT LAURENT/サンローラン(2014年製作の映画)
4.5
“美しき怪物”イヴ・サンローランの栄光と苦悩が見事に凝縮されていた。

昨年公開された「イヴ・サンローラン」はイヴ・サンローラン財団からの協力もあり、オリジナルドレスが数多く登場したが(財団の公認映画となった)、本作は前述の作品と比べ、衣装や小道具が独特で、スキャンダラスでありながら人間味溢れるサンローランが描かれていたと思う。

何と言っても、サンローランを演じたギャスパー・ウリエルの繊細さ、危険な香り、猟奇性には目を見張る。また、ルル役のレア・セドゥは言わずもがな素晴らしい(サンローランがホテルに宿泊する際にスワンという偽名を使い、マドレーヌというキャラクターも登場するので、007 スペクターでレアが演じたマドレーヌ・スワンを咄嗟に連想しニヤついてしまった笑)。

35mmで全編撮影されたようで、センスを感じるカット割等々、映像へのこだわりが垣間見える。

サンローランは自分の中の怪物と戦い続けた、孤独な人だったんだな。