SAINT LAURENT/サンローランの作品情報・感想・評価

SAINT LAURENT/サンローラン2014年製作の映画)

Saint Laurent

上映日:2015年12月04日

製作国:

上映時間:151分

3.2

あらすじ

「僕たちは20世紀後半の2大アーティストだ」とアンディ・ウォーホルに称えられたイヴ・サンローランだが、新しいデザインを生み出すプレッシャーに苦しんでいた。ブランドのミューズ・ルルやお気に入りのモデル・ベティ、危険な愛人ジャックと刹那的な快楽を追い求めているうちに、遂にイヴは1枚のデザイン画も描けなくなってしまう──

「SAINT LAURENT/サンローラン」に投稿された感想・評価

サンローランの映画ぜんぶ胃が痛いな
Miko

Mikoの感想・評価

3.0
こういうのを観ると才能があるのがいい事なのかどうか凄く考える。
孤独やプレッシャー、理解されない。
要は突出したマイノリティだと考えると少しだけ悲しくなる。

私は服飾専門学だったし、海外の有名ブランドはやっぱり好き。
勿論洗練されたドレスや、中毒になるぐらいの靴、すぐに欲しくなる化粧品など見て惚れちゃうのはある。
けど、やっぱり気になるのはそこに命をかけた、人生をかけたデザイナーたちの心理面は凄く知りたい。

今でも覚えているのは、『ディオールと私』というドキュメンタリー映画。
ラフ・シモンズさんがコレクション前に泣いていた顔が今でも忘れられない。
やっぱり何かを創り出す事は、怖さがあると思う。

今作もそれを凄く感じた。
良い物を作らなきゃいけない、でも書けない。
何かを創り出すのってやっぱり容易い事じゃない。

今作はサンローランの闇にスポットが当てられていて、凄く好きだった。
私たちには計り知れない苦労があったんだろうなぁ。
でも、そうやって死に物狂いで創り出したブランドだからこそ、今も受け継がれているんだと思う。

若干長さはあったけど、ドキュメンタリー風で彼の人生を知れたのは良かった。
更に違う作品で彼の人生を知りたい。

犬の演技が凄過ぎで気になった笑
ラストの笑みが好き過ぎる。

ストーリー : ★★★☆☆
映像 : ★★★★☆
設定 : ★★★☆☆
キャスト : ★★★☆☆
メッセージ性 : ★☆☆☆☆
感情移入・共感 : ★★☆☆☆

cc/時代が創った、美しき怪物
薬をシャンパンで飲んだり、通訳者は煙草を吸いながら通訳する。そういう、細かい部分がなぜか印象に残った。
ゆかち

ゆかちの感想・評価

3.0
誰もが知ってるイヴサンローラン。ファッション界の頂点。全てを手にした人も孤独と戦っていたんだな。
描いても描いても新作を生み続けなければいけない立場ってやっぱりプレッシャーもあるんだろうな…好きだからこそできる仕事だろうけど、苦悩も計り知れない。同性の恋人とドラッグに支えられていて、とても脆く見えた。

昔のファッションとは思えないほど洗練されてて美しい!時代を変える人のアイディアとデザインは凄い。色遣いが凄く好み♡最後のショーの画面構成が素敵でそこだけもう一回見た。他のサンローランの映画も見たくなりました!
iii

iiiの感想・評価

-
スワン
イヴ サンローランに関する映画を見比べた。
なんかすごかった 
最終的にはいぬがLDS過剰摂取して痙攣してるとこの印象が一番強い
ショーのとことかオートクチュールのとことかすごい豪華できれいだったけど実生活はやばかったんだなあと、、。
いやアウトでしょ、っていうシーンがたくさんありました
長いし、苦手なひとはとことん苦手そうな映画
Anna

Annaの感想・評価

2.5
フランス映画は好きです。
天才的な才能を持つサンローランがデザインする服は、美しく洗練されていてどれも素晴らしかったです。ですが次第にファッションが遠のき、いつのまにかゲイ映画になっていました。
honoka

honokaの感想・評価

-
ただ観たってかんじだけど
さすがフランス映画、おしゃれさは伝わった
わたしが観たかったのピエールニネのほうだ(観終わったあとに気付く)😂
>|