SAINT LAURENT/サンローランの作品情報・感想・評価

SAINT LAURENT/サンローラン2014年製作の映画)

Saint Laurent

上映日:2015年12月04日

製作国:

上映時間:151分

3.2

あらすじ

「僕たちは20世紀後半の2大アーティストだ」とアンディ・ウォーホルに称えられたイヴ・サンローランだが、新しいデザインを生み出すプレッシャーに苦しんでいた。ブランドのミューズ・ルルやお気に入りのモデル・ベティ、危険な愛人ジャックと刹那的な快楽を追い求めているうちに、遂にイヴは1枚のデザイン画も描けなくなってしまう──

「SAINT LAURENT/サンローラン」に投稿された感想・評価

サンローランの映画ぜんぶ胃が痛いな
気持ち悪い
犬がかわいそうすぎる
洋服のデザインでサンローラン好きだけど、この気持ち悪さがないとできないんだね
sana

sanaの感想・評価

3.4
1967年からの10年間、カリスマデザイナーサンローランの美しくも退廃的な私生活が赤裸々に描かれる。それにしても、今見ても華やかでカッコいいと思えるファッションは、芸術家である。シャネルもそうだが、サンローランも女性を美しく見せ着やすさも素材も最高なものを創造したデザイナーを崇拝したくなる。
ファストファッションばかりの現代、着る者ももっとこだわりを持っていいじゃないと思うのは、私だけじゃないはず。
やっぱりファッションは面白い^ ^
RydiaRich

RydiaRichの感想・評価

3.6
「イヴ・サンローラン」を以前観ていたので、何となく内容は知っていましたが、こちらはレア・セドゥが彼のミューズ役で出ていたので観てみました。

個人的にこちらの俳優さんの方がよく似ていて物語に入り込めました。

ドラッグに溺れていくあたりはやはり悲しくなります。

ワンちゃんがドラッグを食べていて亡くなってしまうシーンが何だかなあ…

ショーのシーンが良かったです。
Norika

Norikaの感想・評価

3.4
ギャスパーウリエル 、、よ、、、
悠汰

悠汰の感想・評価

3.8
イヴ・サンローラン、男だったのか。
ブランドのストーリー。
デザイナーの物語。始めて観た。
うーん、やっぱりフランス映画苦手なのに
長尺に加えて、ちょっと疲れも出ていて

かなり苦戦した

物語自体、伝記としても後半の描き方にしてもなかなか興味深かったし
視覚的にも鮮やかなカラフルさがあったり、ファッションショー、しかもファッションの歴史を表すかのようなショー的な要素とかも面白いが

聴覚的に、フランス語のリズムでの会話やBGMが無音だったりクラシックだったり

正直、ものすご眠気が
合わなかったけど、決して悪い映画ではなかった
ユリ

ユリの感想・評価

-
美 エレガンス 豪華

目をたのしませる映画
Harry

Harryの感想・評価

3.0
記録用
yy22

yy22の感想・評価

-
2017 WOWOW
>|