SAINT LAURENT/サンローランの作品情報・感想・評価

SAINT LAURENT/サンローラン2014年製作の映画)

Saint Laurent

上映日:2015年12月04日

製作国:

上映時間:151分

3.2

あらすじ

「僕たちは20世紀後半の2大アーティストだ」とアンディ・ウォーホルに称えられたイヴ・サンローランだが、新しいデザインを生み出すプレッシャーに苦しんでいた。ブランドのミューズ・ルルやお気に入りのモデル・ベティ、危険な愛人ジャックと刹那的な快楽を追い求めているうちに、遂にイヴは1枚のデザイン画も描けなくなってしまう──

「SAINT LAURENT/サンローラン」に投稿された感想・評価

サンローランの映画ぜんぶ胃が痛いな
サンローランについての予備知識0で鑑賞したので訳がわからなくなる場面が多々ありました……(T_T)
愛人との絡みやドラックのシーンより才能故に苦悩している様をもっと見たかったかな
ファッションが題材ということもあり、クラブや作品製作、ショーの場面は素敵だった\(^ω^)/
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

3.0
イヴ・サン・ローランが自身のレーベル立ち上げ後の話のせいか、クリスチャン・ディオールやココ・シャネルは出てこない半生記。
ファッション業界には何の興味もないが、文化や芸術が一番輝いていた時代の話なので、なかなか興味深いものがあった。
イヴ・サンローラン財団公式の作品なので実話なのだろうけど、サン・ローランはガチなゲイだったため男性との濡れ場シーンが多い。
個人的に一番の見どころは本編よりも、老人になったサン・ローラン役のヘルムート・バーガー。あの美青年が気難しそうな普通の爺さんになっていたのが時の流れを感じる。テレビで自分の主演映画『地獄に堕ちた勇者ども』を見ているという、大サービス・シーンあり。
そして、70年代には天使のように美しかったドミニク・サンダ様も、品のある普通のオバ様になっていた。
ぽぞの

ぽぞのの感想・評価

3.6
映像が綺麗だった
ターバンをわたしは巻きたい
ぽてと

ぽてとの感想・評価

2.8
2017-8 16作目
ひろし

ひろしの感想・評価

3.0
やはり天才ですね、スタッフも優秀、人間性も紳士で私服もカッコいい。
服のデザイン画がすごく素敵でした

服に革命を
今にはないことで
だからこそヴィンテージは魅力的で美しい
天才は天才の自負があるんだよな。「競争相手がいないのがぼくの悲劇だ」っていうセリフに凝縮されている。

ラストに向けて時系列がいったりきたりする演出好きだな〜
>|