chi

神様なんかくそくらえのchiのレビュー・感想・評価

神様なんかくそくらえ(2014年製作の映画)
4.2
こちらが私の2015ラスト映画。誰が何と言おうと世論がどうであろうと、これは私にとって超超超染みる、現代における最高最低の映画だったんです。息を吸うようなキスや突然の花火や下手な全速力ダッシュに表されるのは、おそらく瞬間の愛だ。そんなの好きでしかない。手首を切れば、痛くて熱い。多分生きてるって、苦しくて痛くて、そして熱い。途轍もなく途方もなく。それでも生きていく、ってこういうことだと思う。
私は若さに甘んじてるし、だから若さを失うことがただただ怖い。家はあるし好きな時にお酒も飲めるし物乞いをしたこともない。でもどうしようもない何かが胸のうちに、ずっとある。映画の彼女と彼とは異にするところばかりであるけれど、何かどこかで繋がっているような気がした。うまく言えないし、言ったところで引かれてしまうようなこと。

ともかく個人的2015ベストテンに入ります。去年もありがとう映画。映画における他人の評価なんかくそくらえ。