sobayu

十字架のsobayuのレビュー・感想・評価

十字架(2015年製作の映画)
1.0

小出恵介が中学生を演じるのはあまりにもキツいけど、この映画で何より一番キツいのは、監督に今の子供を撮ろうって意志があるようには感じられなかったこと。今の今はわたしも知りませんけど、少なくともこの映画の設定平成13年に中学を卒業するような世代のいじめはあんなんじゃなかったと思う。あんなクラス全体で囃したてたりしない。大体朝あんなに誰彼かまわず挨拶して教室に入る子居るか。そうじゃなくてもいじめられている子供が。挨拶してるのに無視される姿を撮りたかったのだろうけど全然リアルじゃない。一事が万事そういうおっさんの考える学校、おっさんの考えるいじめ、おっさんの考えるPTAって感じだった。カラオケでリンダリンダとか歌わせてる場合じゃないよ!

そもそも小出恵介演じるユウはあの自殺に真剣に向き合った瞬間があったのかね。最後の表情に、なに勝手にいい思い出に変えようとしてんだよと思ってしまった。