コロニアの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

コロニア2015年製作の映画)

Colonia

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

1973年9月11日。フライトでチリを訪れたドイツのキャビンアテンダント・レナは、恋人で ジャーナリストのダニエルとつかの間の逢瀬を楽しんでいた。しかし、突如チリ軍部によるクーデターが発生。ダニエルは反体制勢力として捕らわれてしまう。レナは、彼が慈善団体施設”コロニア・ディグニダ”に送られたことをつきとめるが、そこは”教皇”と呼ばれる元ナチス党員パウル・シェーファーが独裁政権と結びつき、神の名の…

1973年9月11日。フライトでチリを訪れたドイツのキャビンアテンダント・レナは、恋人で ジャーナリストのダニエルとつかの間の逢瀬を楽しんでいた。しかし、突如チリ軍部によるクーデターが発生。ダニエルは反体制勢力として捕らわれてしまう。レナは、彼が慈善団体施設”コロニア・ディグニダ”に送られたことをつきとめるが、そこは”教皇”と呼ばれる元ナチス党員パウル・シェーファーが独裁政権と結びつき、神の名の下に暴力で住人を支配する”脱出不可能”な場所だった。誰の助けも得ることができない…レナはダニエルを助け出すため、ひとりコロニアに潜入することを決める。はたして、彼女は恋人とともにここから脱出することができるのか。

「コロニア」に投稿された感想・評価

エマのCA姿可愛すぎ。
童顔だしまだ少女ってイメージがあるからラブシーン見てるとなんか悪いことしてる気になるわ(笑)

ずっと緊迫してて、おもーい映画だった。
でも途中でだれたりしないし、よく出来てたと思う。
若干ご都合主義的結末ではあったけど、あれでBADENDじゃ正直精神的にアレなので良かったかな逆に。
機長が良い奴で良かったね!
あと鍛冶場のおっちゃんがとばっちり過ぎて純粋にかわいそうで悲しみ……
執念VS執念
ぴよ

ぴよの感想・評価

3.8
恐ろしい。

史実に基づく、、

尚更に恐ろしい。

映画を観てから色々調べてみました。
とにかく 知る事が出来ました(*_*)
光一

光一の感想・評価

3.9
冒頭からエマワトソンがCAコスプレでキスしまくるという実に尊いスタートなんですけど(笑)、蓋を開けてみたら「実話ベースのスリラー映画」でした。観終わってからも暫くドキドキが止まらず…!
 
第二次世界大戦後に元ナチスの医師がチリに逃亡。堅牢なコミュニティを作って、チリ政府と結託。秘密警察の拷問センターとしての機能もあるような、めちゃくちゃな空間を秘密裏で展開していたそうです。そこが舞台。これ以上は言えない。
 
写真で世界を救う救わないとかジャーナリズムも混じった内容で意義深いし、誰に捧げる映画か最後に分かった時、この映画が製作されて良かったと心から感じました。
 
シナリオ点4
構成点3
演出点5
映像音楽点3
印象点5
エモーショナル点3
追加点0.1
総合点3.9
memento

mementoの感想・評価

4.0
ただのジャーナリストなのに秘密警察をも欺くほど精神障害の演技がうまい彼を、華奢で可愛らしいCAの彼女があれやこれや頑張ってカルト教団のコロニアから助け出すお話。

コロニア内で彼の仕事仲間だったおっちゃん、結構いい人だったのに、まさか罪をなすりつけられるなんて気の毒すぎる。

密談する時、ジャガイモの皮をむく手を休めてはいけない。ババアは意外と目が利く!
Soichfork

Soichforkの感想・評価

3.3
スリルありすぎ。後半はアルゴに近い緊張感。そしてコロニアディグニダが現実にあった宗教組織というのがあまりにも衝撃。

少し残念だったのが、やや中途半端に大衆的に描かれているところ。もっと現実的な部分も詳細に描けていれば更に良かったと思う。
りの

りのの感想・評価

-
チリの事をなにも知らなかったので、こんな実話があったとは、独裁政権って恐ろしい。
後半のハラハラ感は、寿命が縮まる思いで、すっかり引き込まれてしまった!!
おゆ

おゆの感想・評価

4.2
元ナチス党員が暴力で支配する拷問施設。こんな施設が本当にあったなんて恐ろしすぎる。
エマワトソン強すぎ。
最後までハラハラドキドキした。
こんなフラストレーション溜まりっぱなしの映画もなかなかない。これが本物のカルト集団…胸糞悪すぎる。ちょっとエマワトソンガッツありすぎだろと突っ込みたくなるけど、実話とフィクションの織り交ぜ具合は良かったのかな?にしても胸糞、、
ヒロ

ヒロの感想・評価

3.3
過去鑑賞記録。完全にジャケ借り!エマ・ワトソンが街の暴動から逃げる映画かぁ!と楽しみに見たら…えっ!何これ何これでグイグイ引き込まれて…しかも史実に基づいてって💦エンドロールでの不気味さ。ホントぞっとする映画でしたね〜