コロニアの作品情報・感想・評価

「コロニア」に投稿された感想・評価

miori

mioriの感想・評価

3.7
彼を助けるために あんな施設に潜入なんて>_<
ハラハラドキドキ 面白かったー。
後半は脚色されてるだろうけど、当時のチリ情勢に興味出た。
risako

risakoの感想・評価

2.9
最初のあたり、エマワトソンが妙に大人ぶってる気がして違和感を感じてしまったけど、すごくスリルあってよかった。
これが実話ってなんかヤバイ。
Takuji

Takujiの感想・評価

4.0
事実を基にしているってのが凄すぎる!
あんな施設が成り立ってたとか恐ろしい。
施設の内情を知っていくとこも、脱走を試みてからもずっと緊張感が絶えない。
エマ・ワトソンかわいいけど、そこに目が行かないくらい内容に引き込まれました。
ymsn

ymsnの感想・評価

3.6
1970年代に勃発したチリの軍事クーデターを基にしたノンフィクション、サスペンススリラー。


主人公レナの恋人である写真家のダニエルはクーデターの写真を押さえたことで拘束される。

拘束された先は「コロニア・ディグニダ」と呼ばれる施設。
一般的にはコミュニティ施設として認知されているが、その実態はカルト宗教団体の集落であり、強制的な集団生活や拷問を行うトンデモない施設だった。

レナはダニエルを救うためにただ1人、コロニアディグニダに潜入する…。


史実に基づいた作品であり、非常に興味深かった。
日本ではオウム真理教といえばイメージしやすいが、それがさらに国家全体で容認されているという異様な光景。こんなことが70年代に実際にあったとは。


主人公演じるのはハーマイオニーで有名なエマ・ワトソン。
正直エマ・ワトソン見ようと思って鑑賞し始めたけど、これ見るまでこんな事件知らなかった。

著名な彼女がこれを演じ、この史実を沢山の人に知ってもらうことに意味があると思う。


映画としても完成度高くて、もっと広まってもいい作品。
あと大好きなミカエル・二クヴィストも出てて個人的に満足。
ライ

ライの感想・評価

3.5
フォローアさんのレビューを見て、実話である事を知り、鑑賞しました。

1970年代、チリの大統領はソ連の支援、共産主義へ。
それを反対する民間人たち。
軍のクーデターが起きて、反対する民間人を拉致していく。
外国人であるダニエルは反対勢力で大統領を悲嘆としたポスターを作成。
軍のクーデターで拉致された。
恋人であるレナ(エマ・ワトソン)は、ダニエルを追う事となるが、
ダニエルが送り込まれた施設は「コロニア・ディグニダ」。
「コロニア・ディグニダ」は元ナチス党員で、自分を神として支配しているパウル・シェーファーの施設。
そして生きて帰る事が出来ない。
日本的に言うと悪徳宗教みたいなところ。

実話であるから寒気がした。
パウル・シェーファーは軍、政治家、大使館などの繋がりがあるため、
「コロニア・ディグニダ」が外へ情報が漏れる事もない。

本作でのエマ・ワトソンは華やかな役ではなく、
「コロニア・ディグニダ」でのヒドイ仕打ちを耐える女性を演じていた。
よく本作に出演したと感心もした。

真実から目を背けてはいけないが、
何度も観るにはつらい作品でもある。
ドキドキで心臓に悪いですね。ナチス残党による実話だとは。エマワトソン綺麗でした。
実話かぁ…怖すぎる
終始ハラハラして疲れた、怖すぎる
バッドエンドが何回も頭をよぎりながらもなんとか見れた
カルト教団こわすぎる、こんな施設があった事実が恐ろしい
エマ・ワトソンが綺麗すぎて見惚れるのが鑑賞中の救いでしたw
tomo

tomoの感想・評価

3.2
エマワトソン見たさに選んだけど話が怖すぎて通しで見るのは無理だった笑
ハラハラ系は1人だと余計ハラハラ!
>|