コロニアの作品情報・感想・評価・動画配信

「コロニア」に投稿された感想・評価

葵

葵の感想・評価

3.7
2020年149本目

こんなことが実際に起きていたのかと思うと恐ろしいし苦しい。
手に汗握る緊迫感のある作品だった。

この手の作品は自分の知らなかった歴史を知れて勉強になるけれど、とにかく観るのがキツい。見終わった後のなんとも言えない感情。しんどい。
最後まで見られなかった映画
ぬぬぬ

ぬぬぬの感想・評価

3.5
最後の最後までずっとひやひやだった
彼氏のためにあそこまでできるレナが信念強くて素晴らしい…

あんな歴史があったことをこの映画を観るまで知りませんでした
めちゃくちゃハラハラした…
これが実話とか怖すぎ…
ぴよ

ぴよの感想・評価

3.5
私を離さないでみたいな感じ。

何より実話というが怖いし
とても、ショッキング。

胸が痛い。
miru7184

miru7184の感想・評価

3.9
悲惨
恐怖
見終わったあとマイナスの言葉しか出てこない
これが現実だったと思うと、、、
でも驚くことにこの映画を見るまでコロニアっていう言葉聞いたことなかった
自分が知らないだけでまだまだ世界の中にはものすごく大きな問題がはらんでるいのかもしれない。
だとしたらもっと世界に目を向けるべきだと思った。

おすすめの作品です
gustave

gustaveの感想・評価

3.6
拘束された恋人を救出すべくチリ秘密警察の拷問施設に潜入する女性の話。
表向きは慈善団体の施設だけど、実態はまんまカルト教団やんって感じの戒律と自己啓発と、何よりハラスメント変態教皇が怖すぎた…最後らへん、ハラハラして胃が痛かった😭

ラストで実在の(今も観光地として残ってる)施設だと知りました。おそろしすぎる…冷戦下におけるチリの情勢なんて今まで考えた事もなかったので勉強になりました。
n

nの感想・評価

4.5
実話を元にした恐ろしい作品でした。
終始鳥肌が止まらなかった…

劇中に出てくる、主人公を洗脳しようとするセリフを聞くのすら苦しかった…過酷な労働、暴力、拷問、虐待など挙げたらキリがないほどの「人権侵害」が起きていた。
政治と宗教はやはり完璧に分離していなければならないと思わされた。

気になったので、コロニア ディグニダという施設について調べた。これは1961年、チリに渡ったナチスを崇拝していたドイツ系移民によって設立された施設。2000年代になってようやく周囲を取り囲む、有刺鉄線で高度なセンサーがついたフェンスが外され、地下施設や地下に隠されていた武器や戦車が破棄されたらしい。比較的最近まで、このような施設があったと思うだけで恐ろしい。現在は「観光施設」として再建されているらしいが、行く気には到底なれない。
私が最も恐ろしいと感じたのは、コロニアを脱出したドイツ人が、国外に逃げようとするものの、コロニアに入る際に取られてしまったパスポートを手に入れるためにドイツ大使館に行ったが、ドイツ大使館は施設の方に脱走者を送り返していたということだ。命懸けで逃げて来た人々に対してそのような対応を取ったドイツ大使館は、どんなにチリ政府、軍部に干渉されていたとしても絶対にやってはいけないことをしていたのだと思う。

この映画を見るまでこの施設についての知識などが全く何も無かったので、残酷で恐ろしすぎることですが、知ることが出来て良かったと思います。
さらにこの映画がドイツ国内でも公開されたことにより、今まで機密指定にされていた文書を公開せざるを得なくなったそうだ。そう考えるとやはり映画が世界に与える影響力は大きいのだなと感じた。
エマ・ワトソンがかっこよかった、、演技、再現度、脚本、、、全て良かった。こういう作品を作れる監督がいるってことが素晴らしい。
りこ

りこの感想・評価

3.6
これが実話だなんて、、、。
愛に生きた強くて優しい人。
レイナ

レイナの感想・評価

4.0
実話が元にされてるってエンディングで分かってほんとに鳥肌立った恐ろしいわ
>|