EnoTaka

ボス・ベイビーのEnoTakaのレビュー・感想・評価

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)
4.0
めっちゃおもしろかった〜!子どもから大人まで幅広い年齢層が楽しむことができるアニメーション作品。音声が英語で字幕が中国語だったから少し分かりきれなかったところがあるのが悔しい!

台湾にて鑑賞。ドリームワークスが贈るアニメーション映画。アメリカやその他のいくつかの外国の国々で3/31から公開されたばかりの作品だから日本での公開はだいぶ後だと思う。それにまだ日本語版の予告編も出来上がっていなかった。なかなかおもしろい日本でも間違いなくヒットすると思う。

映画は、1人の主人公の少年と、父と母の3人家族で毎日幸せに暮らしていたある日、突然スーツを着た謎の赤ちゃんが現れて、そこからストーリーが展開されていくという感じ。物語としては、最初は両親の愛情が主人公の少年だけに向けられていたのに、赤ちゃんが来たことによって両親の愛情が赤ちゃんに移っていくことで、家族としての在り方やカタチ、家族愛について考えさせてくれるお話。笑える場面もいっぱいあって、ていうかほとんどが思わず笑っちゃう場面で、アクション的な要素もあってとにかくめっちゃおもしろい!久しぶりにドリームワークスの作品が観れて良かった。是非観て欲しい!オススメです。