KUBO

ボス・ベイビーのKUBOのレビュー・感想・評価

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)
3.5
ちょっと時間調整のためにずっとスルーしてた「ボス・ベイビー」を鑑賞。

前に有野の吹き替えで「テッド」を見て、どうしようもなくつまらなかった悪夢から、ムロツヨシの吹き替えと聞いて「ああ、また話芸で何とかしてもらおうというやつか」と、最初から疑って見始めたが、これはそういうやつじゃなかった。おもしろかった。

赤ん坊がしゃべる、かつ生意気とか、つかみはOK。さらに、弟や妹が生まれた時の兄や姉の精神的喪失感から、最終的には兄弟愛にまで広がるテーマの持って行き方はなかなか。

ただこの映画、見た目はものすごく子ども向きだから幼児連れがいっぱいいたけれど、ストーリー的には幼児向けってわけじゃない。どの辺をターゲットにした作品だろう? 小学校低学年〜中学年くらい?

我が家は次男が生まれた時、お兄ちゃんの手はパパが繋ぐって役割分担をしたのを思い出した。この映画みたいなヤキモチは、どこの家にもあるからね。

期待しないで見た映画が意外と良かったりすると、ちょっと得した気分になる。