ゆっけ

ブリッジ・オブ・スパイのゆっけのレビュー・感想・評価

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)
4.5
自らの言動に責任を持つべき。信念を貫いた男の話。淡々とした伝記映画ですが、とても感動しました!

東西冷戦下の1960年に実際に起きた出来事。冷戦状態で互いに情報を集めようと必死。そのためスパイが必要になってくるのですが、自国のために行ってきた行為は他国において、その重大性故に当然重罪となってきます。”法”の範疇を越えた政治的な結論が求められます。

国同士の争いを解決するよう秘密裏で命じられたのが弁護士であるトム・ハンクスが演じるドノヴァン弁護士。彼が”保険”が専門の弁護士であることもポイントの一つ。

最初から最後まで信念を突き通した男とそれを何も言わず家族の絆。そして芽生える人種、国を越えた友情。

スピルバーグ作品のほっこりする優しい映画が好きです。

→#232 ブリッジ・オブ・スパイ/対立する同士の架け橋 http://yukke1006.com/2016/01/10/232movie/