もりちゃん

ブリッジ・オブ・スパイのもりちゃんのレビュー・感想・評価

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)
3.8
鏡で自分の顔を見ながらシワ一本正確に自画像を描く、ソ連が米国に派遣したスパイのアベル。
絵なのに正確に描く姿がスパイも確実にこなすように思わせる。
ベルリンの壁が作られた時代の話。
米国に捕らえられたソ連のスパイとソ連に捕らえられた米国のスパイを交換するため、民間の弁護士がソ連に交渉に行く話。

東ドイツと西ドイツ…西ドイツに逃げようと壁をよじ登り銃殺される人が電車から観えたり突然出来る壁に人々は戸惑う。
映像もほぼ暗い黒っぽい印象。
その時代のドイツがよくわかる。

そして、アベルの家族と紹介された彼らが部屋から去る姿も不思議だった。(本当の家族なのか…)

最後の家に帰ったトムハンクスが安心して寝ている姿と、それを誇らしげに見ている奥さんが印象的だった。

実話を描いたサスペンス。
観て良かった作品。