いけだん

ブリッジ・オブ・スパイのいけだんのレビュー・感想・評価

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)
4.0
冷戦時代の米ソのスパイ交換の実話を元にした作品。

民間人であるドノバン(ドノバン)が何の後ろ盾もない(政府は関与しないということになっている)中、難しいスパイの交換の交渉を行うのですが、ドノバンの勇気と優しさに感動しました。

アクションなどの派手なところは全くないのですが、なぜか飽きたりすることもなく、面白かったです。

また、ソ連のスパイ役のマーク・ライアンスという役者の存在感がすばらしく、正直なところ、主役のトムハンクスよりも、その存在を大きく感じました。

実話を元にした映画は、必ず最後に、「それぞれのその後」を紹介すると思いますが、今作では、ドノバンのその後に驚きました。ドノバンは、今回の米ソスパイ交換の後に、もっと大きな仕事をするのです。そういう意味でも最後まで注目の映画です。