Junkei

ブリッジ・オブ・スパイのJunkeiのレビュー・感想・評価

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)
4.3
スピルバーグ監督作品というだけでなく、コーエン兄弟の脚本と知って、期待はかなり大きくなった。
期待どおりよかった。
扱っている内容も地味なんだけど、ヘンな間があったり、退屈しなかった。黒電話がなるシーンは秀逸だ。コートを盗られたり、やたらハンカチで鼻をふいたり。細かくていい。
そして電車の中のシーンの変化もいいけど、電車の外の風景もうまく対比させている。
でも気になるのは、やはり「アメリカの正義」だ。