しょうた

ブリッジ・オブ・スパイのしょうたのレビュー・感想・評価

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)
3.8
スピルバーグ監督、コーエン兄弟脚本、トムハンクス主演と最高のスタッフが集結した映画。
個人的にはトムハンクスの映画はあまりハズレがない印象がある。

静かにオープニングが始まった時にすぐに世界に浸りました。
冷戦時代にアメリカでソ連のスパイ容疑として逮捕された男。周囲から非難を浴びながら毅然として弁護する男。
この2人の掛け合いが絶妙で信頼が築きあっていくのが手に取るようにわかる。
職人の演技を見てるようで静かに圧倒。
スパイ容疑者役のマークライランスの感情を押し殺したような無表情。そして心が開かれたような少しの微笑み。表情の変化が絶妙。素晴らしい存在感を発揮してる。

人間ドラマ重視してるのか物語は全体的に淡々としてる。
駆け引きのシーンも知的ながらサスペンス要素がなかったので迫力は欠けてる。
これはしょうがないのかドイツ側の描き方が冷たい。
前作のリンカーンと比べたら淡々ながらエンタメ性を盛り込んだ感があったので最後までのめりぱっなし最後は余韻に浸りました。

不屈の男‥このセリフは心に残りました。