kubohiro

ブリッジ・オブ・スパイのkubohiroのレビュー・感想・評価

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)
4.7
米ソ冷戦下の時代・ソ連のスパイと思われるアデルを国民の非難を浴びながらも憲法の元に正義を信じ弁護・交渉を自らの信念を通して行動したジム(トム・ハンクス)の緊張感を画から直に伝えさせてくれる演技にとても感動しました。

裁判での弁護・ベルリンでの交渉、一つ一つのセリフに人の命や使命が関わっていて、とても感嘆します。

映像的にも電車の中から外を眺める・外から中のジムを写す画がモチーフになっていて良かったです。