おおさこ

ブリッジ・オブ・スパイのおおさこのレビュー・感想・評価

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)
4.0
〝信頼と実績のスピルバーグ印に間違いなし〟

シリアスで社会的メッセージ性が強い作品とハラハラドキドキのエンターテイメント作品をバランス良く撮って来たスティーブン・スピルバーグ監督。『タンタンの冒険』以降、『戦火の馬』『リンカーン』と続くなか、またまた冷戦時代を舞台にしたシリアスな作品。そこで描きたかったものとは?

ヤヌス・カミンスキーによる撮影が素晴らしかったです。全てのカットが絵画の様でした。特に窓から射し込む光が印象的で美しさを超えて神々しくさえもありました。トム・ハンクスと捉えられたソ連のスパイが向かい合う取調室のような部屋。壁一面の大きな窓から差し込む光で真っ白く照らされた部屋の様子は、まるで世間切り離され浄化された空間のようです。街を歩けば敵を弁護する売国奴と後ろ指を指される。裁判を受ける事は出来るが形式だけのもの。そんな2人が互いに信念を貫く者どうしとして認め合う姿が印象的だった。対して、ソ連に捉えられた米パイロットは窓の無い薄暗く汚い部屋で取調を受けると言う対比も面白かったです。

今テレビをつけると、どこどこでテロが起きたと言う物騒なニュースを良く目にします。冷戦時代にどこの誰がスパイか分からなかったようにテロリストを見つける事も容易ではありません。疑心暗鬼になって袋小路に迷い込むのでは無く、一旦は国家や宗教や思想などは取り払ってただの人間として向かい合う必要がある。そんなスピルバーグ監督の想いがドッシリとお腹にくる映画でした。