片腕ファルコン

海にかかる霧の片腕ファルコンのレビュー・感想・評価

海にかかる霧(2014年製作の映画)
2.8
2015年見逃し映画…大量にレンタル中!!

ポン・ジュノの最新作。
前回の『スノーピアー』や『グエムル』のようなエンタメ要素は排除し、ひたすら画が暗い!夜のシーンが多い。常に霧がかっている。密航の映画なのである。

密航なんて日常茶飯事なんでしょうね、実話を元に作られてるらしい。

よく船とか潜水艦の映画で女絡みのジンクスみたいなのをよく語ってますが…世界共通であるんですね。船でエッチすると縁起が悪いらしいです。

密航者の一人の女性を愛してしまった青年、大量に密航者が死んでしまった事でだんだん様子が変わっていく船乗りたち。この辺の心理描写はさすがポン・ジュノ監督、緊張感も途切れません。

フリが効いてるラストもお見事ですが、もうちょっとダイナミックな着地を見たかった。実話ベースだから無理か。

もっと過激にもできたはずだけどあえてマイルドにしてるのかしら。。