ゆゆこ

誰でもない女のゆゆこのレビュー・感想・評価

誰でもない女(2012年製作の映画)
4.2
<幸せな家族>の裏に秘められた、もう一つの<物語>。

それが暴かれるとき、彼らは何に<真実>を求めればいいのだろう。

人間誰だって愛や愛情が欲しいんだ。
それは他人がどうこう言って絶てるものじゃないし、ましてや政府や国のためにどうにかなるものでもない。

<歴史の事情>が起こした、残酷な悲劇。

そして迎えられる、残酷な結末。
彼女は予想していたのか、どうなのか。
私はできなかったが、考えれば当然なるべくして起きたラスト。

ただそれは、普通に生きて、愛情を求め、やっとの思いで掴みかけた彼女にはあまりにもむご過ぎるものだった。

ミステリ調に描かれた本作は、終始緊張感のあるもので興味深かったが、それ以上に、このような史実が存在していたことを、この映画を機に知ることができて良かった。