pico

誰でもない女のpicoのレビュー・感想・評価

誰でもない女(2012年製作の映画)
3.3
ドイツのアーリア人増加計画「レーベンスボルン(生命の泉)」によって翻弄された人生を送った人々の話。

ナチスがドイツ人の「純潔性」をとるために、ホロコーストだけでなく、アーリア人増加政策もとっていたなんて全く知らなかった…いつだって映画は勉強になる。

SSになった女性も、意図してそうなったわけではなく、そう生きるしかなかった。

恐ろしい時代背景にあわせ、
実は自分はこの国のヒトではなかった、実は祖母とは血縁関係がなかった、というアイデンティティや家族とは何かについて考えさせられる。

映像もきれいで、過去と未来のバランスもよく、映画としても観やすかった。

それにしても邦題が…現代の「two lives」の方がしっくりくるなぁ。