この国の空の作品情報・感想・評価

「この国の空」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

3.5
里子、市毛の色気。
あまり戦争の死の部分は描かれていないからこその、生きている人間目線の戦争。
masa1

masa1の感想・評価

4.0


天才二階堂ふみ主演、工藤由貴、富田靖子も締まったいい演技だった。

終戦間際の東京の一角で父を亡くし母と暮らす19歳の里子は死を覚悟した戦争と夏の暑さと若さで悶々と暮らす。

母に女は油断すると男に溺れる時が有ると注意されるも……
ついに溺れてしまう。

二階堂ふみの綺麗な言葉使いが心地いい。
ryuka

ryukaの感想・評価

3.3
今年は終戦記念日前は戦争映画鑑賞。
少し違う切り口。
戦争が色んなモノやヒトを引き裂いて行くよ。
大切なことを失いかけたり。
隣人と肩を寄り添い助け合ったり。
トマトのシーンが濡れ場より余程、妖しく危うかった。
二階堂ふみさんは、出演作どれも本人役。
がく

がくの感想・評価

3.7
二階堂ふみと長谷川博巳の演技が抜群でした。2人ともとても色っぽかったです。

評価はあまり高くないようですが、すごく良かったなと思いました。

戦争中に1人の少女が女性に変わる瞬間。
戦争が終わってから、彼女の戦争が始まる。
それもなかなか面白かったです。

女性の力強さ、戦時中の庶民たちの憂鬱、不倫劇な度が描かれており良かったです。

この会話劇がつまらないという人もいるかもしれませんが、この会話劇が僕は面白かったんですけどね〜。

まあなんにしろこの季節は戦争に関わる作品を見たくなるものです。
Garnetsnow

Garnetsnowの感想・評価

3.1
この時代を生きた人たちの大変さは客観的に分かってはいるが…
助け合って生きるなんて綺麗事言ってられないところや
角度を変え、年頃の若い娘にとっての行き場の無い心情が描かれている辺りがリアルに思えた。
りか

りかの感想・評価

3.8
同世代の女性のどこにぶつけたら良いか分からないような悔しさとか悲しさが苦しい
やっぱり女って綺麗だ
戦争は終わっても彼女の戦いは始まる
どうしても応援してしまう
ソフニ

ソフニの感想・評価

3.0
お母さん役が工藤夕貴だって気づかなかった!
zenkou

zenkouの感想・評価

4.1
たまには、こういう映画を観るのもいいね。
日本映画らしい映像美を感じた。
>|