kazu1961

イニシエーション・ラブのkazu1961のレビュー・感想・評価

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)
3.4
「イニシエーション ラブ」
2015年度日本作品 2015-115

原作を読んでいたので驚きは全くなし!やはり原作を超えるのは難しいようです。ただ1980年の時代感、映像は私の世代には心地よく届きました!

松田翔太と前田敦子の共演で、乾くるみの人気小説を映画化。原作は、最後の2行に仕掛けられたどんでん返しが評判を呼び、発表から10年以上を経て130万部を超えるベストセラーになった話題作。映画は、1980年代後半の静岡を舞台に、奥手で恋愛経験のない大学生・鈴木が、合コンで知り合った女性マユとの日々を通して変化していく姿を描く「Side-A」、就職先の会社で東京本社に転勤することになった鈴木がマユを置いて上京し、本社の同僚・美弥子との出会いで心が揺れる「Side-B」という2つの物語が並行しながら、原作とは異なるエンディングを迎える。監督は「SPEC」「TRICK」シリーズの堤幸彦。