イニシエーション・ラブの作品情報・感想・評価

イニシエーション・ラブ2015年製作の映画)

上映日:2015年05月23日

製作国:

3.3

あらすじ

<Side-A> 1980年代後半、バブル最盛期の静岡。就職活動中の大学生・鈴木は、友人に誘われ気乗りしないまま、合コンに参加。しかし、その席で、歯科助手のマユと運命的な出会いを果たす。奥手で恋愛経験がなかった鈴木だが、マユと出会って変わっていく。流行りのヘアスタイル、オシャレな洋服、マユに釣り合う男性になろうと自分を磨く鈴木だったが…。 <Side-B> 二人だけの甘い時間も束の間、就職…

<Side-A> 1980年代後半、バブル最盛期の静岡。就職活動中の大学生・鈴木は、友人に誘われ気乗りしないまま、合コンに参加。しかし、その席で、歯科助手のマユと運命的な出会いを果たす。奥手で恋愛経験がなかった鈴木だが、マユと出会って変わっていく。流行りのヘアスタイル、オシャレな洋服、マユに釣り合う男性になろうと自分を磨く鈴木だったが…。 <Side-B> 二人だけの甘い時間も束の間、就職した鈴木は東京本社へ転勤となり、静岡にマユを置いて上京することに。それでも距離は二人の愛にとって障害にならないと、週末ごとに東京と静岡を行き来する鈴木。しかし、東京本社の同僚・美弥子との出会いを経て、心が揺れ始める…。 最後の5分、全てが覆る。 あなたは必ず、2回観る。

「イニシエーション・ラブ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

原作愛読者兼推理小説好きとして、どう実写化すると思いきや、デブが痩せるでクリアしてきた。ただ、原作と映画は違うラストが!って煽られてた割には、原作読んでると全部の伏線が見えて、前半にしろ後半にしろ、見てると辛くなってきた…
あ、でもこれは自身のイニシエーションラブを思い出してるからなのかもしれませんね…
なるほどねーっていう展開。今じゃありえないシチュエーションも80年代は普通だったりして、なつかしい感じもした。
高校の頃図書館の先生に勧められて小説を読んだ
RM

RMの感想・評価

2.5
必ず2回観る、という宣伝文句に騙されてしまった感。自分にとってはふーん程度のオチでした。ただ、これを文章化するとどうなるのか全然想像が付かないので、面白いとは思わないけど原作が読んでみたいっていう、不思議な感覚。読んでから見たらまた違うのかもなあ。
い

いの感想・評価

3.0
記録
>|