イニシエーション・ラブの作品情報・感想・評価

イニシエーション・ラブ2015年製作の映画)

上映日:2015年05月23日

製作国:

3.3

あらすじ

<Side-A> 1980年代後半、バブル最盛期の静岡。就職活動中の大学生・鈴木は、友人に誘われ気乗りしないまま、合コンに参加。しかし、その席で、歯科助手のマユと運命的な出会いを果たす。奥手で恋愛経験がなかった鈴木だが、マユと出会って変わっていく。流行りのヘアスタイル、オシャレな洋服、マユに釣り合う男性になろうと自分を磨く鈴木だったが…。 <Side-B> 二人だけの甘い時間も束の間、就職…

<Side-A> 1980年代後半、バブル最盛期の静岡。就職活動中の大学生・鈴木は、友人に誘われ気乗りしないまま、合コンに参加。しかし、その席で、歯科助手のマユと運命的な出会いを果たす。奥手で恋愛経験がなかった鈴木だが、マユと出会って変わっていく。流行りのヘアスタイル、オシャレな洋服、マユに釣り合う男性になろうと自分を磨く鈴木だったが…。 <Side-B> 二人だけの甘い時間も束の間、就職した鈴木は東京本社へ転勤となり、静岡にマユを置いて上京することに。それでも距離は二人の愛にとって障害にならないと、週末ごとに東京と静岡を行き来する鈴木。しかし、東京本社の同僚・美弥子との出会いを経て、心が揺れ始める…。 最後の5分、全てが覆る。 あなたは必ず、2回観る。

「イニシエーション・ラブ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

原作愛読者兼推理小説好きとして、どう実写化すると思いきや、デブが痩せるでクリアしてきた。ただ、原作と映画は違うラストが!って煽られてた割には、原作読んでると全部の伏線が見えて、前半にしろ後半にしろ、見てると辛くなってきた…
あ、でもこれは自身のイニシエーションラブを思い出してるからなのかもしれませんね…
わずや

わずやの感想・評価

3.2
ラストの衝撃だったね確か?
前田敦子はこういうしたたかな役、邪悪が似合うが全部これ

このレビューはネタバレを含みます

なんつうか、浅い。
その一言に尽きる映画。

原作は最後の2行までの流れは普通の恋愛小説過ぎて、でも、A面、B面においてたっくんの心情を細かく描いていたからこそ2人の違いがジワジワと二度読みして面白いのに、映画ではA面のたっくんの純粋さやマユとの純愛さが全然描けてないし、B面のたっくんが遠距離恋愛になってからもマユを思っていた頃から変化する葛藤とかあまり描けてなくて、ただただラストへ向けての「処理」という感じで勿体ない。

オチの「マユも二股かけてました」に向けてのマユがただの軽い女という感じが最初から最後まで前田敦子の演技になっていて、そうなのかなぁ…と思ったり。
びぃ

びぃの感想・評価

2.7
原作読んでないけど、映画だと登場人物少なすぎてもはや騙されない笑
fumipen

fumipenの感想・評価

1.5
2度は見ない
本のが先だった
馮美梅

馮美梅の感想・評価

2.8
女は怖いね〜。
原作よりも映画の方が物語の流れも最後の結末もわかりやすくてよかった。
服が可愛い。あっちゃんも可愛い。それ以上に木村文乃が可愛い。後々ひっくり返るって思って見るから途中で気づいちゃうけど。
ぴぴぴ

ぴぴぴの感想・評価

3.1
冒頭のあるシーンでなんとなく読めてしまったものの前田のあっちゃんの顔も可愛いし服装も可愛いしその上演技も大好きなので、可愛いって感想しかない
>|