イニシエーション・ラブの作品情報・感想・評価

イニシエーション・ラブ2015年製作の映画)

上映日:2015年05月23日

製作国:

3.3

あらすじ

<Side-A> 1980年代後半、バブル最盛期の静岡。就職活動中の大学生・鈴木は、友人に誘われ気乗りしないまま、合コンに参加。しかし、その席で、歯科助手のマユと運命的な出会いを果たす。奥手で恋愛経験がなかった鈴木だが、マユと出会って変わっていく。流行りのヘアスタイル、オシャレな洋服、マユに釣り合う男性になろうと自分を磨く鈴木だったが…。 <Side-B> 二人だけの甘い時間も束の間、就職…

<Side-A> 1980年代後半、バブル最盛期の静岡。就職活動中の大学生・鈴木は、友人に誘われ気乗りしないまま、合コンに参加。しかし、その席で、歯科助手のマユと運命的な出会いを果たす。奥手で恋愛経験がなかった鈴木だが、マユと出会って変わっていく。流行りのヘアスタイル、オシャレな洋服、マユに釣り合う男性になろうと自分を磨く鈴木だったが…。 <Side-B> 二人だけの甘い時間も束の間、就職した鈴木は東京本社へ転勤となり、静岡にマユを置いて上京することに。それでも距離は二人の愛にとって障害にならないと、週末ごとに東京と静岡を行き来する鈴木。しかし、東京本社の同僚・美弥子との出会いを経て、心が揺れ始める…。 最後の5分、全てが覆る。 あなたは必ず、2回観る。

「イニシエーション・ラブ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

原作愛読者兼推理小説好きとして、どう実写化すると思いきや、デブが痩せるでクリアしてきた。ただ、原作と映画は違うラストが!って煽られてた割には、原作読んでると全部の伏線が見えて、前半にしろ後半にしろ、見てると辛くなってきた…
あ、でもこれは自身のイニシエーションラブを思い出してるからなのかもしれませんね…
ゆいこ

ゆいこの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

衝撃なラストとか宣伝で盛り上げ過ぎて、思ったより驚かないっていうパターン。
原作から入れば良かったな。
Akina

Akinaの感想・評価

3.5
原作も何も読まずに観に行って普通に最後に驚かされた映画。
色々レビューを見たらオチがわかるとかそういう人もいるみたいだけど、普通に私はわからなかった。
ぼうっと観てただけかもしれないけどそういう人もいる。
オチがわからないから最後までワクワクして観れて楽しかった。とてつもないどんでん返し。
おざま

おざまの感想・評価

3.8
そりゃそうよねっていう感想。
あっちゃんくらい図太くなりたい。
原作読んだことがあるからどんな風に映像化されてるかずっと気になってて、以前にwowow録画しておいたのを鑑賞。
オチは分かってるから騙されることはなかった。ストーリーをsideA、sideBとわけてるところは上手いし、色々とツッコミどころはあっても最後まで飽きずには観れた。
ラストは変化球で原作とは違ったけど、本では「えっ?」って訳が分からなくなったところが、映像になると理解しやすかったかも。
ただ、sideAのキャストが何か違う気がしてしまった(汗)
追記:当時の音楽や小物、髪型など、80年代に青春を過ごした自分にとっては懐かしさ満載。その辺は楽しめたかな^^
茜

茜の感想・評価

2.0
sideAがいい
一回でよかった
t

tの感想・評価

3.3
あぁ〜
N

Nの感想・評価

3.0
途中でオチが分かる。
miyu

miyuの感想・評価

3.6
曲選さいこう〜〜

衝撃のラストでした〜〜

80年代の松田翔太とあっちゃんよかった🐶木村文乃も!!!
いい時代じゃ〜〜80年代のモチーフ解説はウケる
maruko

marukoの感想・評価

3.5
あっちゃんも松田くんもバブル世代のファッション似合いすぎ!音楽、ファッションも世代を超えて楽しめました。
そして騙されました。楽しめました。
>|