mariモ

エレナの惑いのmariモのレビュー・感想・評価

エレナの惑い(2011年製作の映画)
3.5
冒頭の木の枝越しに部屋が映ってる画面は寒々しさから陽の光が入り、奥の方では銃声が聞こえるワンカット。裕福な家とそこで生活している主人公と夫を切り取る。ゆったりと間をとり描くので、そこで乗れるか。物語はあくまで直線的なので、物足りなさもある一方で、記号的な負のイメージも切り取る。特別面白いわけではないが不思議と見入る。それだけ