まりりんクイン

フェイク シティ ある男のルールのまりりんクインのレビュー・感想・評価

3.5
トレーニングデイ脚本、そしてみんな大好きエンドオブウォッチ監督のデヴィッドエアー監督作品。

彼の監督した作品、あるいは脚本した作品には、もうほとんど作家性と言えるレベルで「警察、国家権力の闇」、
そして
「超絶リアルなチンピラ」
が描かれます。
そういった意味では「スーサイドスクワッド」の監督というのも中々納得の人選ですよね笑

なので、はっきり言って一作でも彼の関わった作品を観てると、大体他のヤツの流れも分かるというね…笑
本作も出だしの部分で大体わかっちゃいました笑

しかし、わかったからといって詰まらなくなるわけではない。
フォレストウィッテカーのボスが素晴らしいです。
このバランスで「ああいう役」を演じられるのは間違いなく彼だけでしょう。

キアヌはこういう正義漢(多少狂ってはいるものの)より、何考えてんのかよくわかんないヤツ演じてるときの方が輝きますよね。

キャップが!かわいい!