花とアリス殺人事件の作品情報・感想・評価

花とアリス殺人事件2015年製作の映画)

上映日:2015年02月20日

製作国:

ジャンル:

3.7

あらすじ

史上最強の転校生、アリス。史上最強のひきこもり、花。二人が出逢ったとき、世界で一番小さな殺人事件が起こった。 石ノ森学園中学校へ転校してきた中学3年生の有栖川徹子(通称アリス/声:蒼井優)は、一年前に3年1組で起こった、「ユダが、四人のユダに殺された」というウワサを聞かされる。さらに、アリスの隣の家が<花屋敷>と呼ばれ、近隣の中学生に怖れられていることを知る。その花屋敷に住む「ハナ」ならユダに…

史上最強の転校生、アリス。史上最強のひきこもり、花。二人が出逢ったとき、世界で一番小さな殺人事件が起こった。 石ノ森学園中学校へ転校してきた中学3年生の有栖川徹子(通称アリス/声:蒼井優)は、一年前に3年1組で起こった、「ユダが、四人のユダに殺された」というウワサを聞かされる。さらに、アリスの隣の家が<花屋敷>と呼ばれ、近隣の中学生に怖れられていることを知る。その花屋敷に住む「ハナ」ならユダについて詳しいはずだと教えられたアリスは、花屋敷に潜入する。そこで待ち構えていたのは、不登校のクラスメイト・荒井花(通称ハナ/声:鈴木杏)だった...。

「花とアリス殺人事件」に投稿された感想・評価

nnm

nnmの感想・評価

4.5
中学生のきみときみ。
空気感がとても良かったし、バレエのシーンが特に好きだった。

「花とアリス」も観てみたいと思った
Maki

Makiの感想・評価

3.7
Huluで何気なく鑑賞したのですが、面白かったです。アニメ映画観たの久々かもしれない。

映画ならではのテンポの良さが全く無くないです。...良い意味でテンポが悪いというか。なんでもこう、物事サクサクいかないものだなと思いました。
良いタイミングで何かが出てきたり、奇跡が起きたりする訳じゃなくて、失敗したり躓いたりしながらも不器用に生きて行く様子が描かれていていて、物語にリアリテイがありました。
20180916鑑賞。同じロトスコープなら「悪の華」の方がより実写に近い気がした。岩井俊二監督にしては意欲的な作品なのでは。声優が割と豪華な俳優陣なので、ストーリーの割に作品が映える。が、思いのほか軽い内容だったなぁ。エンディング曲、ヘクとパスカルの「f ish in the pool」がいい。
のぞみ

のぞみの感想・評価

4.0
スクリーンで初めて観れた岩井俊二作品だったゆえに特別、記憶に残る。アニメーションの花とアリスもまたよかった。
たぶ

たぶの感想・評価

4.0
こういったアニメの作り方もあるのかと感心させられた。
いわゆる眼の大きいアニメ絵ではないのに、微妙な頭や身体の動きで、表情や感情が読めて素晴らしい。
新しい学校でも自分自身を強く持っているアリス、このような強い人間でありたい。どちらかというと、私の人生は花に近いのかな。
doi

doiの感想・評価

4.2
痛ましくて瑞々しいのが愛おしい。
seckey

seckeyの感想・評価

-
この二人の声いいんだよな〜。鼻にかかった蒼井優と低くてちょっと早口な鈴木杏の声。‬
‪.‬
‪そろそろ、何でもドラマティックな展開を期待するのやめなきゃ。例えば雨やどりしてたら同じく雨やどりしていた男性と恋に落ちる、とか、例えばいつもの満員電車でふらっと入ってきた人が銃乱射する、とか、例えばわたしに誰かの世界を変えられる力がある、とか。‬
‪.‬
‪そんなことは起きないんだ。いままでの30年間で気づいてたくせに、気づかないフリをしていたんだ。アリスもクラスメイトも、なにか"特別なこと"を経験してみたかっただけなんだよ、そうでしょう?自分は何も動かないし何者でもないくせに、勝手に、いきなり、"特別なこと"がやってくると期待してるだけなんだ。それってめちゃくちゃ他力本願だし、白馬の王子さまを待ってるようなもんじゃん。‬
‪.‬
‪結局はドラマティックなことなんて、自分には訪れないってこと。いいかげん心に染み込ませなきゃ。わたし達は毎日、一歩一歩、歩いていかなきゃいけない世界がある。‬
.
PS:ファンとしては実写と繋がるシーンが多くてうれぴー♡
三重野

三重野の感想・評価

3.8
面白い。平泉成の二役が不可解。
Chie

Chieの感想・評価

3.1
画と音楽と声と雰囲気がオリジナリティ溢れてて良かった
MIO

MIOの感想・評価

3.8
美しい。風景や気持ちや、すぐに忘れてしまうようなことが。
>|