エレファント・ソングの作品情報・感想・評価

エレファント・ソング2014年製作の映画)

Elephant Song

上映日:2015年06月06日

製作国:

上映時間:100分

3.6

あらすじ

彼は何を知っているのか?そして、何を求めているのか? 人々は翻弄され、罠にはまっていく… ある日、一人の精神科医が失踪した。手がかりを知るのは、彼の患者であるマイケルという青年だけ。院長のグリーンはマイケルから事情を聞こうとするが、ゾウやオペラについての無駄話で、話をそらすばかり。「母を殺した」「医師から性的虐待を受けていた」など、嘘か本当かわからないようなことをほのめかし、グリーンを巧妙な罠に…

彼は何を知っているのか?そして、何を求めているのか? 人々は翻弄され、罠にはまっていく… ある日、一人の精神科医が失踪した。手がかりを知るのは、彼の患者であるマイケルという青年だけ。院長のグリーンはマイケルから事情を聞こうとするが、ゾウやオペラについての無駄話で、話をそらすばかり。「母を殺した」「医師から性的虐待を受けていた」など、嘘か本当かわからないようなことをほのめかし、グリーンを巧妙な罠に取り込んでいくが…。

「エレファント・ソング」に投稿された感想・評価

Z

Zの感想・評価

3.7
私はローレンス先生が好きだった。「君の知性に恐れと美しさを感じる」と告白した彼の気持ちは誰しも分かる。マイケルは人を翻弄するし苛つかせるし交錯して複雑で繊細な人だけど、揺らめく美しさがあって、手が届かないように思えし、触れてはならないと思う。それがローレンス先生がプラトニックであった理由のような気がする。
み

みの感想・評価

-
密室劇が好きだと再確認です、
売野機子みを感じる。
R

Rの感想・評価

3.0
気持ちわかる… 小さなことが主人公の目的にとってはめちゃ大事なん面白い
珍しく、ドランが監督していない作品ですが、本人は自分のための作品との強い思い入れからの出演。

精神病院で長らくひとり入院している彼が、主治医の失踪に関わっているのかもしれない?という下りからストーリーは始まります。サスペンスなんだろうか?と思わせ、ドランは狂っているのか正気なのか分からない見事な演技で医者も映画を観ている私達もどきどきと翻弄されてゆきます。

ネタバレしてしまうので全部は書きませんが、終始ドランは愛を乞うまるで赤ん坊のようでした。それがあまりにも哀しくて愛しくて、涙が…。
彼はただただ愛されたかっただけなんだよなぁ。特に母親に…。

なので、ラストはこうするしかなかったんだと、涙が止めどなく溢れました。淋しく、哀しい物語。でもイヤじゃないこの静けさ…。

ドランの愛の器の受け皿は壊れやすくて深い。似てるのかもなぁ…。すみません。こんなに非凡ではありませんでした😢

傷つきやすいあなた。愛されたいといつも満たされないあなた。是非、観て欲しいです。
つまらなかった笑


会話劇。
もともと三人芝居の戯曲ということもあって、ほとんど主人公と院長、看護師のみ。
そして大きなカメラワークがあるわけでもないので、好き嫌いが分かれるかもしれない。


オープニングに流れる、オペラ歌手の主人公の母が歌う曲は、オペラ「ジャンニ・スキッキ」の中の「私のお父さん(O Mio Babbino Caro)」。
父親が一切画面に現れないのに。
引っかかりながら見ていくとこういうことだったのかな、と。


象の話。
最初に提示された3つの約束。
単調で大きな出来事もなく、一見無駄な会話だと思っていたものが、最後に全て必要だった会話だったと気付かされたとき、急にすべてがクリアになりました。
たぶんもう一度頭から見返したくなるはず。

DVDは字幕しかありませんが、むしろそれがいいのだと思います。
りま

りまの感想・評価

3.3
ん~グザヴィエドランはかっこいい
そして惑わされる医者だけでなく私も

でも眠いときに会話劇見るもんじゃなかった
でも結末は衝撃


109
みょう

みょうの感想・評価

4.1
いい映画。
武蔵野館

結末を知った上で
もう一度、ドランに翻弄されたい
>|