ヤックル

マイ・ファニー・レディのヤックルのレビュー・感想・評価

マイ・ファニー・レディ(2014年製作の映画)
5.0
小さな範囲だけで話が完結するこじんまりとしているがとても良質なコメディ。
上映時間も93分しかなく肩の力を抜いて観るにはピッタリ。
そういう意味では超大作がひしめく2015年の年末に公開されたのは箸休めとしてちょうどいい塩梅の映画だったかもしれません。

コールガール(イモージェン・プーツ)以外の人物(みんな年上)がダメな人たちばかりなんだけど、そこにイライラしないように配慮されているというか、それぞれのダメさをうまく掛け合わせて笑いにつながるようになっていて、うまい脚本だなぁと思いました。
特に登場人物が一堂に介するイタリアンレストランのドタバタ感は最ッ高。

それにカメオ出演も多く、意外なところで意外な豪華俳優が出演していたりする面白さもあります。

で、この映画のヒロインであるイモージェン・プーツなんですが、彼女の可愛らしさは相変わらず最高ですし、その可愛さについていまさら論ずるまでもなく最高になんですけど、あえて何かを語るとすれば、序盤で仕事場に向かうシーンがあってそこの歩き方がとてもガサツなんですよね。でも客の目が届く場所では綺麗な歩き方になってて。そういうところで(彼女が演じた役の)育ちの悪さが表現できてたりして成長してるなあって思ったりしました。
まあそのガサツな歩き方も可愛いんですがね!!!!