ohtzca

マイ・ファニー・レディのohtzcaのレビュー・感想・評価

マイ・ファニー・レディ(2014年製作の映画)
4.0
大人になりきれない大人というか、まるで問題児な大人たちが織り成すラブコメ群像劇

まずは、主演のイモージェン・プーツの演技が抜群に素晴らしいんです!夢見る少女期と大人へと成長してからの演じわけが見事です

脇を固めるオーウェン・ウィルソン、ジェニファー・アニストンらも、ダメなんだけど憎めず愛らしいキャラクターを好演しています

シナリオも、所々に下品になり過ぎない程度の下ネタを含みつつ、思わずクスッとくるユーモアに溢れていて、また映画ファンならニヤリとさせられる台詞も織り込み、とても楽しい気持ちになります

イモージェン・プーツ演じるイジーが過去を回想して語っていくという形で、話が展開していくのですが、そのテンポも非常に小気味好く、ポンポンと進んでいきます

ウェス・アンダーソンとノア・バームバックがプロデュースとの情報から興味を持って観に行ったのですが、これは俄然、未見だったピーター・ボグダノヴィッチ作品を観てみたい!と思わされました

群像劇ならではの、バラバラだった点が、やがて絡み合い、最後には見事に一つの線で結ばれる快感がたまりません

ラストにアッと驚く人物が登場するのも、気持ちの良いヤラレた感で、最後の最後まで、本当に楽しんで観ることが出来ました

幸福な余韻に満足な作品です